2007年01月19日

2007年1月10日 年末年始未公開編(『オーラの泉 新春スペシャル』『美輪明宏・江原啓之が今伝えたい事』 未公開集)

ナレーション:今宵の『オーラの泉』は、未公開スペシャル。
1月4日に放送した『オーラの新年会』で、放送できなかった未公開シーンをお送りします。
さらに美輪・江原が『今、伝えたいメッセージ Part2』も合わせてお送りします。
『オーラの泉』新春スペシャル オーラの新年会・第一部では、青木さやかさん、假谷崎省吾さん、森公美子さんの3人をお招きしました。
国分:まずはじゃ、青木さんから振り返っていきましょうか。
青木:はい。お願いします!

【オーラのアルバム 青木さやか 家で制止している】
(2006年10月18日放送分)
江原:なんで家に帰ると、こうやっておばあさんみたいな歩き方してるんです? 家の中で。
美輪:(笑)。
青木:そう。
江原:それで部屋の中で膝抱えて。「………」って、静止してるの。
青木:そう! あ! ………そうなんですよ〜。
国分:何ですか、疲れてるんですか? やっぱり。
江原:なんかね、妖怪の住む館みたいに見える(笑)。
国分:あ〜〜。
青木:いや…なんかね、ホンットに私、ホンットに今ひとりでいるんです。仕事以外の時間。
国分:あ、友達と会うこともせずに。
青木:あんまり会わないですね。
国分:家帰ったらピタッと止まってるんですか?
青木:あんまりボーっとしてるから、いきなり仕事でこうしゃべったりするじゃないですか。どれぐらいのパワーを出せばしゃべる声が出るのかわからない時があるくらい。
美輪:江原:(笑)。
青木:ひとりで何にもしない……何にもしないんです。
江原:それで家の中での歩き見てるとね、こうやって(猫背で)歩いてるでしょう。
国分:あらまぁ〜。
青木:(笑)。殆ど歩かないですけどね。移動する時はそんな感じ。
国分:そんな人には彼氏寄らないですよー。
青木:だって見えてないからいいじゃん(笑)。
美輪:(笑)。
国分:今見えたわけですから。
江原:見ました(笑)。
国分:全国放送ですしこれ。
青木:そうですね(笑)。

【未公開トーク】
国分:どうですか、『オーラの泉』出て変わりましたか何か?
青木:あのねえ、まず家で静止はしてないです。
国分:あぁ、そうですか! 「おばあちゃんみたい」って言われてましたけど。
青木:いえいえ、してないと思います。
国分:動いてますか。
青木:はい、動いてます。
国分:どんなことをして?
青木:えーとですね、音楽を聴いたりテレビを見たり、まぁ、ちっちゃなことですよ。本を読んだりとか、ブログを書いたりとか。何かしらしてます。静止はしてないです。あと、まぁ先ほどのVTRにはなかったんですけれども、あの………すごくこう、えー、自殺願望があったんですけど(笑)。お正月からなんですけど(笑)。
森:(笑)。
国分:言ってましたね、確かに。
青木:「死にたい」っていうことを思わなくなりました。
国分:あぁ、そうですか!
青木:ホントに思わないんですよ。
美輪:だってね、ホントに発想の転換でね、つまり“地獄極楽は胸三寸にあり”つってね。どうせ一生生きるんだったらね、時間もったいないじゃない。暗くて欝でね。つまりね「死にたい、死にたい」という人が最近増えてるけど、「死んで何の得になるの?」っていうの。損こそすれ、得にはならないのよ。そうでしょう(笑)? だったらね、踊らにゃソンソンでさ、どうせ踊るんだったらっていう。一生だったら笑ってね、楽しく。自分の心がけ次第なのよ。誰もやってくれないわよ。自分の気持ち次第でね、明るくも楽しくなるんだったら、明るく楽しくした方がいいじゃない。だからね、それのスイッチをね、明るいほうだけに切り替えたわけでしょう? そしたら、お楽になられたんでしょう?
青木:楽になりました。
美輪:そうなのよ。
国分:ちょっとしたことなんですね。
江原:万が一自殺しちゃったら、ね、リセットできなくて、今日の年まで、国や時代やいろいろ性別変わっても、おんなじシチュエーションもういっぺんやるの。
青木:嫌ですねえ〜!
江原:ねえ?
美輪:(笑)。
森:おんなじこと2度やるくらいだったら、生きてて楽しいほうがいいよね。だって、ホンットに自分の、たぶん私が思うには、全部が悪いとこばっかりの人生が、もう1回始まるような気がする。
青木:うん。それ、やですねえ。
美輪:うん。いや、そうなのよ。ホントに。
国分:ビックリするのが、今の江原さんのコメントもらうと、みんな「そういうことなんですか」っていうじゃないですか。森さんの場合は「そう!」で乗っかってくるという、この(笑)。
全員:(笑)。
国分:レベルの高さに驚きましたよね(笑)。もしかして江原さんが風邪を引いたなんていう時に、ピンチヒッターとして森さんが来る可能性もあるかもしれませんね(笑)。
江原:よろしくお願いします(笑)。
森:でもね、私はね、美輪さんがね「おっしゃれば」っていう言葉で、(江原が)「おぉぉぉ〜、いえいえ、言えません」て(笑)。私ね、ふたりが好きなところってそこなんですよ。あの、「どうしよう」って悩んでる時に、美輪さんがいいかげんにしろって顔して「おっしゃれば」って言うのがね。
美輪:(笑)。
森:私、そっこが一番この番組好きで(笑)。何が楽しいってふたりのリアクションだもん(笑)。

【裏『オーラの泉』鑑賞法】
江原:“裏オーラ”ってあるのが面白いですね(笑)。
美輪:そう(笑)。表に出ないだけでね、ふたりでもう、黙って話し合ってるわけ。
森:葛藤してますよね。
美輪:そうそうそう。
国分:それはすごく、僕も近くにいてわかりますね。
森:ね!
国分:すごいこう、江原さんがいっぱいしゃべってるんですけど、たぶん遠まわしに言ってるんだろうなあって時に限って、美輪さんが「まぁ、江原さんの言いたいことは」っていう(笑)。
全員:(笑)。
国分:さんざんしゃべってたのに(笑)。
美輪:だってね、ホントにね、遠慮深いといえば遠慮深い、いい言い方よ。それが気を遣い屋さんだからね、もう、靴の上から足掻いてるみたいなもんで、じれったくなるのね。
全員:(笑)。
国分:靴の上から(笑)。
美輪:ホントに。
国分:なるほど。
美輪:遠まわしに言っても近まわしに言っても、おんなじことなの結局。だからね、気を遣わないで、そのまま。「ヘビの生殺しはおよしなさい」っていうのね。
森:(笑)。
美輪:で、それがどうも「困った、困った」。私みたいにね、もう海千山千のアバズレだったらね(笑)、ガーンと言えるんだけど(笑)。そこがね、じれったいの。
江原:でも美輪さん、しびれ切らしたときの言葉っていうのはね、「編集すればいいんだから!」って(笑)。
全員:(爆笑)。
国分:よく言う(笑)。よく言います!
江原:そうした時には「あぁいけない、最後の言葉が来ちゃった」って思って「いや、言わせてもらいます」って(笑)。
美輪:そう、開き直るの(笑)。
国分:「編集しちゃえばいいんだから」ってよく聞きますよ、確かにね。
森:(笑)。
国分:裏オーラの見方としては、そういう見方もありますのでね(笑)。
森:裏オーラほど面白い(笑)。だから、オーラの時間に近所の友達が集まって「あ、ほら、いい? あ、目が泳いだでしょ今」って言って。「見ない見ないとしてるのよ今。見ちゃったの。でも忘れようとしてるのよ、江原さんの目」
全員:(笑)。
国分:今見たことを忘れようとして(笑)。
森:「この人は見なかったことにして、次行こう」みたいな。
江原:それでね、忘れようとしてこう、自分の中でしまおうとすると、美輪さんがヒュッと持ってくるんです。
国分:「編集しちゃえばいいのよ」(笑)。
江原:「今処分したはずなのに」って(笑)。
美輪:(笑)。処理したのにまた戻しちゃうのよ。そうそう

ナレーション:假矢崎さんからは、こんなうれしい報告がありました。
(新春スペシャルより)
假屋崎:もうそれからもう、愛をがっちりと固めて。
美輪:ごちそうさま(笑)。
假屋崎:ラブラブなんですけども(笑)。
国分:今お付き合いしてるってことですか!?
假屋崎:お付き合いどころじゃないですね。もう一緒に住んでおりますし。
青木:えぇ〜!?
假屋崎:籍入れられるようだったら、籍入れたいくらいです。その方がなんと、サラリーマンの方で。17歳年下なんですよ。
国分:17歳年下。おお! 姉さん女房ですね。
假屋崎:えぇ、私がね。
森:(笑)。
假屋崎:一応ね(笑)。

【未公開トーク】
假屋崎:せっかくなので、またいつね、こうやってお目にかからせていただくかわからないんで、ふたつ質問があるんです。
国分:はいはいどうぞ。
假屋崎:申し訳ないんですけど、ちょっと聞かせていただきたいんですが、その彼とは、どうしてこうやって出会うことができたんですかね? 母のお陰なのかなって気もちょっとするんですけど。それをまずね、お聞きしたいんです。
江原:それもあるけれども、やっぱりご褒美なんですよ。
国分:ご褒美。
江原:今までホンットに努力してきて。ね。そしてその悲しい辛い孤独も、頑張って耐えてきて。ね。そういうご褒美として、その波長が引き合わせて。でなかったら、今までだったら、その人が出てきてもありがたいと思わなかったかもしれない。合わそうと思わなかったかもしれない。ね。で、あとは、目に入らなかったかもしれない。でもそこで、「輝いてる! この人だ!」そういうふうな思いできている自分。だから、今ステージに立って、そのステージに見合う人が現れてのご褒美であるとわたくしは思いますけれども。
美輪:だからね、それはね、江原さんもね、假矢崎さんも似てらっしゃるのね。ひとりで戦ってきたわけじゃない。ね? 親御さん亡くして、とにかくひとりで戦って、戦って。いろんなもう、屈辱だとか侮辱だとか孤独とかいろんなもの、辛酸舐めてきて。それでもめげないで。今みたいに簡単にね、自殺して落第生になって、また同じこと繰り返すようなバカなことしないで、「これが自分のこの世に生まれてきた課題で、試験なんだ、試練なんだ」って、それを乗り越えて乗り越えて。だから、乗り越えてきたらハイ、花丸をくれるんですよ。ね。その花丸がボーイフレンドであり、こちらの奥様や子供さん方なの。そう。ご褒美がちゃんと。そうそうそう。
江原:青木さん、わかった?
青木:はーい…。
国分:また、変なの出してました?
美輪:(笑)。
青木:うーん、入りたいぃぃ。
全員:(笑)。
青木:だってバレるんだもん(笑)。いいなあって思って。
国分:いや〜。そうですよ…。
江原:人をうらやむ時のポイント。その人の苦労まで欲しいと思ったら、うらやんでよし。
全員:はぁ〜。
美輪:あぁ、いいこというわねえ。これは名言よ。
森:うわぁ〜。すっごぉい!
美輪:これは名言です。
假屋崎:もうひとつだけちょっとお尋ねしたいんです。まず、わたくしはよくね、お付き合いも長いんですけども、え〜、前世っていうのを実は、見ていただいたことがないんですよ。それがもうず〜〜〜〜〜っと頭の中に、いつも美輪さんにお会いすると、江原さんにお会いすると、「前世って何だろう、何だろう」。で、ここまで出かかってね、お尋ねすることがどうしてもできなかったんですけど。
国分:あのー、今ちょっとスタッフさんから頂いたんですけど、ゲストでどうですかそれは?
假屋崎:あ、わかりました!
国分:今度ゲストで出た時に、ちゃんと前世を聞いて。
江原:ひとつだけポイントを申し上げておきます。気持ち悪いでしょうから、新年の早々から。
假屋崎:はい!
江原:実は高貴な方でしたよ。
假屋崎:はぁ〜〜〜。そうなんですか。
美輪:そして、もうひとつのヒントはね、あなたのおうちの家具。
江原:うふふふふふ(笑)。
国分:家具!?
美輪:ヒント。
森:もうひとつ言っていい? ヨーロッパ。
全員:(笑)。
青木:もうひとつ言っていい? 
国分:何ですか!?
青木:………。
国分:ねえのかよ!
全員:(笑)。
江原:言ってみたかったのねえ(笑)。
美輪:言ってみたかったのね(笑)。

ナレーション:オーラの新年会第二部はのちほど…。

【美輪明宏・江原啓之が今、伝えたいメッセージPart2】
(2006年12月27日放送)
美輪:「パワーください」(と言われたら)「あげません」て言うのよ。どうしてあなた、「ください、ください」って言うの? なぜ人にあげようと思わないの? 自前で沸いて出てくるのよ。枯れた井戸から水が上がるように。
★メッセージ その1★
人にパワーをあげる気持ちが自分のパワーを生む


江原:この現世っていうのは学校で、この世の人たちの考えとは180度ひっくり返ってるわけですよ。全部。
美輪:修行場なのよ、この地球は。
★メッセージ その2★
人は修行をするためにこの世に生まれる


美輪:「お金、お金、金、金」って言ってるけど、「死ぬんだよお前さんは」っていうの。
江原:だって国分さんね、あの世に持っていけるのは何かっていったらね、ずーっと経験してきたこと感動してきたこと、だけなんですよ。
★メッセージ その3
大切なのは経験と感動


国分:この番組を見ている方というのはもうすごい、あったかい、えー体験というか経験をしている方も多くいまして、その人たちからメールをいただいているので、いくつか紹介したいと思います。
「この不景気で夫の給料が下がり、仕方なく
つい先日から働きに出ることになりました。
ある時、曇り空の日に傘を忘れて出勤した私は
「しまった」と思いましたが、諦めて出勤しました。
そして仕事が終わり、帰りに自転車置場に行った時、
ふと見ると私の自転車に傘が1本かかっていました。
主人が昼休み、会社を抜けて傘を持ってきてくれたのです。
そのやさしい夫の心遣いに涙が出ました。
生活は苦しいのですが、私には
この夫と子供と暮らせる毎日が幸せです」
美輪:いいお話ね。
国分:というような。えぇ。そうっすね。
江原:だからね、モノを得るっていうことが目的でもね、今の方みたいに生活を成り立たせるためにっていうね。そのことでやってるから、ご主人もそういう気持ちになるんですよ。動機が大事なんですよ。
美輪:あのねえ、お金持ちになったことがないのよ、日本人てのは。ね。まあ外国もそうだけど、こんなに日本人がね、みんな庶民がね、お風呂もあります電話もあります、洗濯機もありますテレビもあります、全部揃ってよ、屋根のついてるうち、それでそこいらへんのOLだってね、押し入れ開ければ雪崩のように洋服が出てくるとかね。
江原:(笑)。
美輪:靴だってムカデじゃあるまいし、何足も持ってるとかね。とにかく、こういう現象は、日本の歴史始まって以来なのよ。だから物質的にはね、ものすごく豊かになったの。それと同じ分量で、内面的なもの、知性とかいろんなもの、全部失っちゃったの。
江原:でもほら、あの〜、美輪さんおっしゃるようにその、お金持ちになったことがないというかね、そのとおりで。「金さえあればなんでも買える」と言った人もいるじゃないですか、日本にはね。そんなレベルですもん。でも外国に行けばそれこそ、自分の巨万の富、バーンと寄付してる人いるわけでしょう?
美輪:ビル・ゲイツみたいに。
江原:はい、そう(笑)。
美輪:あれは正負の法則なの。だからね、日本人はお金持ちになったことがないから、財閥も何もみんな。だからこればっかり、こればっかりでね。自分のためだけにアレしちゃって。お金の使い道というのが、使ったことがないから。
国分:ええ。
美輪:だからモノを選ぶのも、とにかく「あ、雑誌で薦めてたから」「ブランドだから大丈夫だろう」ということで、本当のお金持ちというのは、自分に合ったもの。高い安いじゃなくて、本当に必要なモノだからってかうのよ。それが雑誌に出たから「高いからいいんだろう」とかね。そこいらへんからよ。
江原:おかしいの。美輪さんおっしゃった、正負の法則あるでしょう? こ〜れがみんな、わかってない。あの〜、得れば必ず失いますからね。ね。だから、あのー、たとえばほら、楽して儲けたら“あぶく銭”っていってね。昔の人はいいこと言ったんですよ、あぶくのように消えるんですよ。それで、“何かを得たら何かを失う”っていう。その法則っていうのが必ずあるわけ。だから、金、金、金、金さえあればなんでも買えるってよくいうけれども、こういうこと言ったら失礼だけどね、お金じゃ買えない問題が起きるんですよ。
美輪:うん。恐ろしいことが起きるの。
江原:ほら、みんな普通の場合は、マイナスの後にプラスが来てるの。要するに、一所懸命汗水流して働いて。ね。子供とか必死に育てて一所懸命お金を貯めて、「あー、ようやく手に入れました」みたいなね。そういう、「建売りを買えました」とか。ね? そういうの、苦労があってのご褒美でしょう?
国分:はい。
江原:こっちのだったらいいんですよ。うん。ただ何でも強欲にガーッてなると、不必要なもの。人に対する、ちょっとでも、たとえば何か得たならば少しだけでも、ね。わずかでも、困ってる方に役に立てましょうっていってれば、ずーっとバランスが。これと一緒なの。菌と一緒なの。
国分:キン?
江原:ほら、人間て、ある程度菌がないと生きていけないでしょう。
国分:あ〜あ〜あ〜。菌!
江原:無菌では生きていけないんですよ、無菌では。菌と一緒。でも、必要以上に菌があると、病気になるでしょう? 
国分:はい。そうっすね。
江原:だから、必ず得ても、少しずつでも人のために役に立つことは。損してるんじゃないの。自分を生かさせてもらってるの。その視点を忘れちゃいけないの。
美輪:それが、仏教でいうところの、あのつまり、喜捨(進んで金銭や物を寺社や困っている人々に差し出すこと)をするということね。海老で鯛を釣る。
江原:“喜んで捨てる”と書くんですよ。
美輪:そうそう。
江原:喜び捨てる。
国分:ほぉ〜。
美輪:だからね、昔の人はそれが来ないように前もって、棟上げ式と。うちができたときにはね、とにかく紅白のお餅だとかね、たとえば5円玉みたいなのをね、お裾分けを。
国分:あ〜〜〜。
江原:バーっとみんなこうやって取るでしょう?
美輪:通りがかりの人たちが。“損して得しろ”でね。その正負の法則で、はじめに損しとくのよ。
江原:そう。
美輪:そうするとあとでね、大損がこないの。
国分:はぁ〜〜〜。
江原:だからね、損するような出来事があったとしますでしょう? そうすると、ふたつのことを考えて。反省も必要なの。「なんか騙されちゃった」とか、「自分の考えが甘かった」って。でも、過ぎたことを悔やまない。「あ、これによって、自分が新しい、プラスを埋めるだけのスタートラインに立てたんだ、よかった」ってこう思うべきですよ。
美輪:発想の転換ね。
江原:発想の転換です。うん。そうですよだって、霊能者である私だってね、今までさんざんひどい目に合わされてきましたよ。うん。だけれども、その度に「あ、これでまた自分自身がエネルギーを得た」って、そういうふうに思って。実際そうですもん。うん。そうです。
国分:そういう考えに…。
江原:いや、で、そういう人たちは必ず、自分に返ってくるの。カルマの法則で。だから、「あら気の毒に」と。一旦は得したような気でいるけど、あとでひどい目にあうから、気の毒に。でもそれはまた勉強なんですよ。磨き合いですよ。切磋琢磨。
国分:うーん……なるほど。

【同じ過ちを繰り返さないために…】
美輪:あたしはね、まぁとにかく霊感も何もないし、一切そんなことはわからないけど、昔ね……(江原に)何を笑うのじゃ! (笑)。
江原:(笑)。
美輪:何もね、わからないけれど。昔ね、いろんなものが見えたり聞こえたりしたことがあったの、何十年も昔よ。今は一切やってないけど。その時にね、ある地方都市に行って、いつも待っている人たちがいるの。で、その中で、ある奥さんがね、お金持ちのところに嫁に行った人がさ、とにかく相談があるっていうので「なぁに?」って言ったらね、「うちの亭主の弟が嫁をもらう」って言うのよ。それで、「あたしは反対してます」って言うの。ね? で、「あなただけなの、反対してるのは?」「あたしだけで、お義母さんも主人も、弟は大恋愛してるし。あたしだけ反対してる」「なぜ反対してるの?」って言ったら、「首にね、火傷みたいな変な傷があるんで、“この人入れたら変な因縁がうちに来る”と思って、“こんなの入れたらえらいことになる”って思って反対してるんです」って。「ああ、そうなの」って言って。「それはあなたが前世でつけた傷だよ。あなたが喉を突かしたんだよ」「えっ!」て言うからさ。「あなたはね、前世で、旦那さん年離れてて。年離れた旦那さんはね、隠居みたいにしてて、お茶ばっかり。お店のことは奥さんにまかせっきりでした」みんなワーッて笑うの。「どうしてですか?」って言ったら、「先生、この人のご主人はね、ご隠居さんてあだ名です」って。「年が離れてる」って。でそれで、「お気に入りの着物はグリーンと白の縞柄で」って言ったら、また笑うのよ。「この人が父兄会やなんかで一張羅で着てくるのは、グリーンと白の縦縞のワンピース」っていうの。前世と同じことをやってるの。それでね、弟の嫁さんになるって人はね、前世で長唄のお師匠さんのところへね、浪人の娘で、読み書き武術全部できるような娘で、落ちぶれたけどもそこでうちを出て働いてて。ね。そこへ息子が行ってて、知り合って大恋愛して。でそれで、「うちにはとにかく貧乏浪人なんか入れられない」って反対しちゃって、で、ふたりが世をはかなんで水にはまってね、喉を突いて、お互い心中したんだって。「だから、その前世の罪を償うためにあなたが生まれてきたんだよ」って。「だから、心がけ入れ替えて、『前世の罪滅ぼしをさせていただきます』って、あんたがとにかく先頭に立って、乾坤式も挙げさせて、うちも所帯も全部持たせて、あなたがやりなさい」って言ったの。そしたら全部うちがうまくいくって。前世の、そのカルマが消滅するじゃないの、そのために。「だからあなたが反対しちゃってね、全部自我を通したら、また来世も同じことになって出てくるんだよ。それを解決するために生まれてきたんだ!」って言ったのね。で、そしたらその人も心を入れ替えて。そうしたら、家庭中全部、円満になっちゃったの。
国分:ほぉ〜。
美輪:何にも悩みがなくなっちゃったの。だから、そういう仕掛けで生まれてくるんだということなのよ。ノルマ、カルマをね、果たすために。なぜこの世に生まれてきたか。その、自分がいろんな問題を山積してることを解決するために生まれてきてんだから。だから、ボケーッと生まれてきたんじゃないのよ。
江原:(笑)。そう、みんな、目的がなく生まれてくる人は、この世にひっとりもいませんからね。

【子供に教えられること】
国分:「ある日食卓で食事をしている時、娘が
『どうしても駆けっこで1番になりたい』と言うのです。
うちの娘は成長ホルモンの病気で、
5歳くらいなのに3歳児くらいの身長しかありません。
体が小さく、走るのが遅くて当たり前だと思っていた私は
『何番でもいいんだよ! 頑張って走るのが大切なんだ』と教えてきましたが、
そのひと言を聞いてハッとしました。
『諦めていたのは私じゃないか』と。
それから娘は主人と一緒に運動会の日まで練習をし、
見事、1番でゴールしました。
私も主人も涙で娘の顔がよく見れませんでした。
改めて娘に大切なことを教えてもらったと思います」
というような話が来てますね。これまたいい話ですよね。
江原:いい話ですね。
美輪:成せばなるよね。
江原:でもそこから、何でもかんでも1番になれると思って、過剰にヘンな方向に行かないように。
国分:(笑)。
江原:勉強も何も「やればできんじゃない、やればできんじゃない」ってならないように(笑)。
国分:中にはそのまあ、いろんなゲストの方の中で「子供にいろいろ教えてもらったんだ、僕は」「子供に成長させてもらった」っていう、お父さんやお母さんがゲストとしても来てたじゃないですか。そういう話を聞いてると、いい関係だなって。
江原:でもみんなそうですよ。
国分:本当はそうなんですよね!
江原:だから、教えてもらってますって。親として鍛えてくれる。「休みってなるとどうして熱出るの」ってね。「なんで医者が開いてないときに怪我するの」とかね。そういうことで鍛えてくれながら、でもフッとした時に「大丈夫だよ」って子供が言ってくれたりね。
国分:なるほど、子供のひと言で。
江原:うん。救われることいっぱいありますよ。
国分:そうっすね。
美輪:だからね、子供を産むのは結構なことよ、少子化だからね。だけど、「子供を生むだけの大人になってますか?」っていうの。子供が子供を生んでたら、育てられないのよ。
国分:はい。
美輪:子供と同じ目線で喧嘩するし。子供とおんなじことをうちの中でやってるから、子供同士の喧嘩になるし、憎み合うし。だから、戦ってぶっ殺しちゃったりするの。殺し合ったりするの。だから、成長して子供を生むだけのね、大人になって初めて子供を生めるのに、精神的にまったく未熟で、子供のまんまの人がボロボロボロボロ、今子供を生んでるのよ。
国分:はい。
美輪:だから、「子供を生むにはね、生むだけの資格が要りますよ」っていうの。うん。
国分:まぁ、この番組を続けている限り、こういうメールが増えてくると、僕たち的にはすごくうれしいですよね。
美輪:(頷く)

ナレーション:オーラの新年会 第二部では綾戸智絵さん、YOUさん、中島啓江さんの3人をお招きしました。

【オーラの泉が呼んでいる】
YOU:オーラの泉は、申し訳ないんですけども、完全に私を呼んでいるんですね。
美輪:(笑)。
国分:呼んでますか。
YOU:私テレビ、ホントに普段、帰ってテレビを、朝起きてテレビをつけないんですけど。
綾戸:うん、見る見る。
YOU:なんか、たまに帰ってフッてつけると「『オーラの泉』って毎日やってるんだ」って(笑)思うぐらい、つけると、絶対出てらっしゃるんですよ。
綾戸:あるある。
中島:わかる。
綾戸:それ、私もある。
YOU:これホントに。ウソじゃないんですよね。
綾戸:こう、楽しみな番組があっても遅れたりするじゃない、仕事で。「はぁ、終わってるわ。来週言うてる」って思うんだけど、これは「パッ」。おんなじ。
YOU:これ週イチですよね?
国分:週イチですよ!
YOU:だからね、そういうことがあるの。
国分:これでも視聴者の方も多いみたいなんですけど、呼んでるんですかね、おふたりが。そういう、ちょっと元気のない人だったり。そういうふうにできてるんですかね。
江原:まぁ、番組のオーラが呼んでるんじゃないですか?
美輪:(笑)。
YOU:すっご〜い!
綾戸:で、関係ないと思うことがないですよ。自分に。
YOU:(頷く)
綾戸:ね!
美輪:アレなのよ、私たちが呼ぶんじゃなくて、その方についてらっしゃる、何人かついてらっしゃるじゃない。
国分:はいはい。
美輪:ご守護神とかご守護霊とか。そういった方たちがこうしてつついて「ほらやってるよ、見なさい」って言ってるの。
YOU:必要なんだもん。
綾戸:おおきにおおきに、もうおおきに。おおきにおおきに。
国分:(笑)。
綾戸:ホ〜ンマにね、なんかお若い方、性別が違う方がゲストでもね、「はぁ、そや」て思う。自分にね。
国分:自分に言われてる感じがする。
綾戸:自分はスポーツ界の方とはまったく違うじゃない? なのに、「そやねん、これで私も悩み解決したからいこか」って思うね。ある。お世話になっとります。
全員:(笑)。

【中島啓江を見守る亡き母】
江原:今もお母さんいるの、後ろに。
中島:でももうね、いつも一緒なんです。69で亡くなりましたけど、それまではやっぱり、母に甘えてる部分と感謝の部分と、もう両方とも重過ぎて。自分がね、やっぱりすごく、いろんなところでね、疲れてたかもしれないんですよね。
美輪:自立してなかったのね。
中島:そうですね。やっぱり、すぐ泣いちゃうし。でそれが、これから私が、亡くなった皆さんのね、それぞれの皆さんのね、大切な人。亡くなった人の、私が代わりになって、私が今度おふたりの言葉いただきながら、「もう泣かなくていいよ」って、ちゃんとね、歌ってあげられるようになったんです。
江原:それとあとは、思い出もいっぱい、お片づけできるようになったしね。お母さんのね。
中島:もう、とーっても、とっても楽。で、ビックリしたのは(笑)あの、実はお片づけはあんまり上手じゃないんですけども。いつも、ひとつの箱を見てはね、ホントはすぐにでもお掃除できるはずなのに、もう、ひとつの箱。『あぁ、これは思い出だ』って。
YOU:止まっちゃう。
中島:何回も止まっちゃう。片付けられなくてね。「とにかくいい。じゃ、汚れてるの、もう見ないで捨てましょう」って感じだったのに。不思議なの。
国分:何がですか?
中島:母の写真だけずっと、見つからなかったんですよ、実は。若い頃の写真が、ずっと見つからなくって。あのオーラの、出演しまして、放映になって、その後。ひとつのダンボールがあって、これはもう見るからに絶対古いから「中開けないほうがいいわ」って感じだったのに。不思議だったんですよ。
綾戸:出てきたの?
中島:フワーってね、なぜか開けてしまったら、一番上に母の写真があったの。で、今、ずっと飾ってあります。
美輪:ふふふ(笑)。
中島:不思議です! ホントに。
国分:お母さんは今もいるということを言ってましたけど、何かメッセージみたいなものがあるんですか?
江原:うん。ていうかほら、人に歌を歌って、人を励まし続けていくという気持ちになれたことをすごく喜んでらっしゃる。ていうかあの時はね、どっかでね、「もうやだ」っていう、「お母さんいないともう生きる気力ない。お母さんのためにしか歌いたくない」っていうようなね、ところがあったんだけど、やっぱりそれを「みんなに伝えたい」って、先ほどもおっしゃってたけど、その気持ちになったってことでお母さんがようやくホッとして。「それでこそ自分の娘だ」って思えるようになった。
中島:もうホントね、ですからあの時私、「黄色い花が好きだ」って言いましたでしょう? で、母は、「紫が好きなんじゃない?」って美輪さんがおっしゃって。ホントにそうだったんですよね。で、その話をご覧になってた皆さんがね、私のコンサートの時に、私に黄色の花束と、ふたつもって来る人が多くなったんです。「啓江さん、どうもありがとう」って。「これはお母さんにあげてください」って。
綾戸:え〜〜〜。
美輪:黄色い花と紫の花と。
中島:いつもは自分がいただいた花を必ず持って帰って「お母さん大好きな花よ」って。いつも、こう、捧げてたんですよね。それがね、「お母さん、ファンから。お母さんに」と買っていいながらね、もうニコニコしてあげられるの。
江原:素敵な親孝行ですよね。
中島:もうとぉってもね。今きっと。だから、いるんですよね。
美輪:だからそれもね、さっきと同じように、あの〜、江原さんや私の力じゃないんですよ。お母さんが、その泣いて嘆いて、とにかく生きるスタミナをなくして、精神的にね。で、ボロボロになっている娘をなんとかしたいって親心でもって。それでつまり、ここに来れば娘が立ち直るって、ちゃんとね、上の方はご存知なのよ。それで、そうなるだろうってことでそうなったんで、お喜びなのね。
中島:はぁ〜。

【年始の習慣は生活の智恵】
美輪:昔の正月は静かなお正月で、にぎやかなのはね。
江原:だって、お正月は喧嘩しちゃいけないんですもんね。
美輪:そう。
江原:お父さんもお母さんも、怒ってもいけない。
美輪:そうそう。煮炊きをするのもね。だからおせち料理なのよ。
江原:そう。
綾戸:はぁ〜。
美輪:煮炊きすると一年中煮炊きをしてなきゃいけなくなる。それから、怒ると一年中怒るようになる。ね。だから、「一番いい人になっていなさい」。そうすると、一年中いい人でいられるよってことなの。
YOU:今年はもう、ここはもう、すばらしい!
江原:見てる方たちもそうですよね。大人もみんな、子供も混じって、福笑いしたりして、笑って「ハハハッ」てやって、そういう1年にしようねっていう誓いですから。
YOU:はぁ〜。そっかぁ……。
国分:これ、ぶっちゃけますけど、11月に聞いてよかったですね。
全員:(笑)。
YOU:これね、ぶっちゃけ今、11月じゃないですか(笑)。もうここ我々はもう、心構え、全然違いますからね(笑)。
国分:去年とまったく違う正月を迎えられそうですね(笑)。
YOU:結構いますよ、三が日怒ってるヤツ(笑)。
国分:いますね(笑)。
YOU:可愛そうですね〜ホントに(笑)。
綾戸:晴れ着着て浮かれちゃってね(笑)。「気を締めなさい」とか言えるよね、こっちはね。
美輪:だからみんなね、こういうことは次から次へ、私みたいな年寄りが、全部教えていかなきゃいけないの。
YOU:これ何とか、年末に流せませんかねえ〜?
全員:(笑)。
国分:日にちはもうちょっと決まったらしいんで。
YOU:日本の正月、だいぶ変わりますけどね。
国分:そうですね〜。
中島:ホントそう。おせち料理の中を、よく説明してくださってましたもんね、おじいちゃまおばあちゃまとか。コンブの。
綾戸:聞いたことある!
中島:「ほら、これはよろコンブだよ」
綾戸:そう。
中島:「マメに暮らせよ」とか。
江原:ありがたくね。
国分:誰か教えてもらわないと思い出せないこと、たくさんありますよね。
美輪:だから日本にはね、そういう素晴らしい生活の智恵がいっぱい詰まってるんですよ。何から何まで。だから、正月。なんで正月があるかっていったらつまり、暮れでこんなになって日常に疲れちゃって、いい加減逃避してくたびれて死にたくなる。と、そういう時に、日常から離れて非日常の空間にいるわけでしょう? ね。お正月の間は。晴れ着を着て、獅子舞が来て、こま回しをやったり。それでまた日常に戻ってくたびれてきた時に、今度は豆まきがあって節分で、仮装大会やってお化けが出てね。それで、今度は3月になったらおひな祭り。うちの中に緋毛氈ひいて、お人形飾ってね。それで非日常でしょう? でまた4月になったら花見。お花見があって、5月になったら子供の日。鯉のぼりを立ててね、菖蒲湯に入って5月の節句。6月に入ったら衣替えでしょう。うちじゅう全部インテリアも変えて、着るものも変えて。7月になったら七夕祭り。で8月は精霊流し。で9月になったらつまり、お月様でね、月見の団子でね、十五夜の月ですすきを飾って。だからそれはね、非日常をね、逃げてリフレッシュするための、ひと月に1回作っていったもんなのよ。だからご先祖様の智恵なの。ノイローゼにならないように。
YOU:はぁ〜。
美輪:それを、全部楽しちゃって、参加しなくなっちゃったから。日常ずーっと引きずってるから、みんな疲れてて「わぁぁぁ〜」ってなっちゃうの。
中島:だから、苦しいお酒を飲んじゃうんですよね。
江原:そうそうそう。
中島:…でも、毎月飲めるんですよお酒。
全員:(笑)。
国分:気づいちゃいましたね(笑)。
中島:なんか笑顔でね。私も今気がついた(笑)。ホント笑顔で。「あーご苦労様でした」って、そういう酒の方がいいですもんね(笑)。
国分:絶対そのほうがいいと思いますね。
YOU:いい国だ(笑)。
美輪:だって、このメンバー見てみなさい。あの世にこの世にさ(笑)。いろんな顔ぶれでしょう(笑)? 仲良く全部、共存してるのよ。喧嘩しないで。
国分:こんなキャスティングもないですもんね絶対に。
美輪:ね?
YOU:この世担当で。
国分:この世担当で。
綾戸:(YOUに)あの世かい、私(笑)。
YOU:(笑)。
美輪:日本のお正月は素敵だしね。日本に生まれてよかったですよね。
中島:ねえ。ホントですね。

【人はパンだけで生きるのではない】
美輪:とにかくね、いちばんそれは服飾業界、美容業界、それから食品業界ね、建築業界。あらゆるところがね、全部スクラム組んで手を携えればね、いっくらでも、この狭い日本ですもの。どうにでもなるのよ。良くも悪くもなるの。だからそのおっつぁんたちね、企業のデスク以上の人たちが、終戦後の弱肉強食の「人を、後から来るものを突き落とせ」で、欲、欲、欲。性欲、物欲、名誉欲。それで来た連中で、文化がない連中だから。ね? とにかくいっくら利潤を上げるか、それだけで生きてきてるからさ。でもそうするとね、その人たちが文化を提供してるのよ。だから、ロクなものが提供されるわけないじゃない。そうでしょ? それで日本がガタガタになっちゃったの。でも、その人たちが心を入れ替えて、改めて「あぁ、人はパンのみに生きるにあらず」ということがわかって、手を携えて、いいものを提供するように自分たちが勉強してね、文化レベルの高いものを提供すれば、日本はアッという間によくなりますよ。
江原:でも私はね、すごく大事な節目に世の中来てると思うんです。地球全体が。今、ホントにね、節目、狭間に来てしまっていて。今気づかなければダメだと思いますよ。
美輪:今だったらまだ、折り返し地点だからね、何とかなると思う。うん。これ以上だから、あらゆる文化、あらゆる企業がこのままもう、暴利、暴利、暴利で、暴利をむさぼることでやっていったら、結局その人たちもわが子に殺されるか、わが子を殺すか。ね。えらいことになりますよ。
国分:そうっすね。
美輪:それはもう、予言当たってますものね、今まで。全部。
江原:そうなんですよ。私はだから自殺のことでも今年いろいろあったでしょう? いじめのことでも、虐待もあったけど。私もうね、2年半前に『子どもが危ない!』って本を出してるんですよ。でいて、その後で『いのちが危ない!』って出してて。まるで預言書のようになりました。
国分:そうっすね。
江原:でもそれはうれしくもなんともないです。うん。そんなことのためにやってんじゃないですから。
美輪:それはねえ、ただのね、おどろおどろとしたスピリチュアルな予言じゃなくてね、足し算引き算なの。簡単な計算なのよ。
江原:ねえ。私はやっぱり、“人はなぜ生まれて、なぜ生きて、そして死んでどうなるのか。そして、生きるということは何なのか、生きることの幸せは何なのか”ということを、この番組を通して、今後も皆さんにね、理解していただけたらうれしいなと思います。
国分:またこういう時間をもって、いろいろと話をするというのは、僕にとっても勉強になるのでまた時間を…。
江原:もう、いっくらでもね、しゃべりますよ。
美輪:国分:(笑)。
国分:あの〜、正直言っていいですか? 僕、ほとんどしゃべれなかったです。
美輪:江原:(笑)。

国分:今日の放送すべてがあの、視聴者の方へのメッセージになっていると思うんですけれども。美輪さんからまた最後にひと言、お願いします。
美輪:あのねえ、いつもご贔屓いただいて、高い視聴率をいただいて本当にありがとうございます。多くの方にね、お役に立ってるようで、いろいろお手紙いただいたりとかしておりますけれども、これはね、江原さんともよくお話するんですけどね、ただ、妖怪変化のようなね、つまりあやかしのような、当たったとか当たらないとかっていうね、占いとか、変な霊感とかなんとか、そういうものでとらえられるのは非常に不本意でございましてね。そうじゃなくて、生きるいろんな生活の智恵とか、そういうものや何かにお役に立つような、そういう真面目な番組をやっているつもりでございますので、そういうふうにお受け取りいただければ幸甚でございます。よろしくお願いします。
国分:はい! じゃあ江原さんもお願いします。
江原:えー、よくこの番組を通してね、見てらっしゃる方が「助けてください」ってよくね、お手紙やらいろいろなところでお寄せになられるようなんですけれども。助けるといっても、その“生きる力”というヒントをこの番組が与えているわけであって、皆さん方の肩代わりをするわけではない。人生の肩代わりはできないわけです。でもこの番組を通して「どうやって対処をし、どうやって人生を生きぬくべきか」というヒントを、毎回たくさん、豊富にホントにお送りしてると思うんですね。ですから、「自分自身のことでなければ、自分のことでない」っていうふうに思うことは、想像力の欠如。本当に助けられるのは、自力なんです。みなさんが自分自身で、自分自身の力で輝けるように、そういう言魂を今年もお送りしたいと思いますし、また今年1年は『地、揺るがされるな』という、そういうメッセージのある年です。私たちの足元。ね、それこそ土台。国もそうです、すべて。揺るがないようにみんなでしっかりと、大人の感性で生きぬきましょう。
国分:はぁぁぁぁぁぁぁ。聞いた?
全員:(笑)。
YOU:聞いたわよ! モチよ!
国分:すげえ! そういうことですよね。
中島:でもホントに、生きる糧、という。私いつも、そう思ってます。
美輪:ただね、私たちは、その方法をね、「こういう方法もありますよ」「こういう方法もありますよ」。ね? 「ああいう方法もありますよ」。その生活の智恵を、とにかく、あの世とかこの世とか、そういう次元を超えたところでね。それで、それのどれを採って、取捨選択して、決めるのはあなた自身ですよ! だから、天は自ら助くものを助く。私たちが助けるんじゃない。あなたを助けるのは、あなた自身しかいない。だから、自分を育てる親は自分。育てられる子供も自分。ね。そして、教えてもらう生徒も、教える先生も、自分自身ですよ。誰でもない。私たちはそれを、いろいろとね、こういう方法をずーっと広げて見せるだけで、ね。それをお採り上げになるのはあなた自身ですよ、ということなの。
国分:はぁ〜〜〜。
YOU:わかりやすいなあ。
国分:わかりやすい! そんな言葉、欲しいですね。自分たちにね。…………アレ!?
YOU:聞いてたか!
全員:(笑)。
YOU:しっかりしろ。
国分:はいでもね、こっち側の立場で、みんな1回考えてほしいんですけど、これだけ素晴らしい言葉をいただいてどう締めろっていうの(笑)!? 番組自体を。
YOU:そこでね、なんかその、おこがましくもよ、「俺が締めよう」と思ってること自体が(笑)。
全員:(笑)。
YOU:もう意味がわからない(笑)。
綾戸:言えてる(笑)。
全員:(笑)。
YOU:今のお言葉にフ〜〜って。それは(撮影の)クレーンさんも引いていらっしゃいますよ。
国分:(笑)。いやいや、上げるタイミングが………さようなら〜〜〜〜!! もう、こうなったんでね(笑)。


※江原さんの発言に出てくる書籍は以下の2冊です(by大介)




posted by 大介 at 01:23| Comment(18) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
江原さんのファンで、たどりつきました。一気に読ませていただいて、ホントに番組を見たのと同じくらい、感動しました。

ありがとうございます。また、おじゃましますね。
Posted by カルビ at 2007年01月25日 23:56
この番組はちゃんと見ていました。
自分にとっても生きていくヒントになった言葉がありました。
それからは、ずいぶん楽になって感謝してます。
こんな長い記事をアップするの大変でしたね。
ありがとうございました。
Posted by もんた at 2007年02月21日 16:55
番組も見ています。 本も読んでいます。困った時に それを 応用させて頂いています。 感謝しています。 
単細胞の田舎者なので 小学校4年生から 守護霊に ずっと助けて頂いています。不思議な体験は 沢山あるので 江原さんの本を 読んだ時に すぐ理解出来ました。江原さんと美輪さんの仲の良いところと 優しく人々を 助けてあげてる姿を見て、非常に幸せです。ありがとうございます。タイからの大ファンです。
Posted by レック at 2007年03月08日 16:33
祝福と希望をあなたのブログで、それによって、あなたにプレゼントな季?を満年、大量のと、一つの心からの祝福と真?な願いが、この暖かさの日々あなた、私の友达、永?に越しにディスプレイを心からの祝福して友达はあなたはいつまでも楽しく幸福!
<a href="http://www.rmt-all.jp">Tera rmt</a>
<a href="http://www.wtougg.com/">UGGブーツ</a>
<a href="http://www.ugg-sakura.com">UGG</a>
<a href="http://www.buy-brand.com">MBT</a>
Posted by mbt at 2011年07月27日 00:46
一字いっくこの招待状を&#35835;み&#32456;わってから,私の心は&#38271;い&#26102;&#38388;平静になることができない.震かんしなさい!どうしてこのようなよい招待状がありますか.! 私の思うままにネツト.ヮ-クbbsは数年,その以上どんな招待状が私を感&#21160;することができるはずがないと自分で思います.きょうェキスの立派な最も人の 道のこんな一の招待状このようなを&#35265;たと思わなかった. いつもお世話になります。まことにありがとうございます。ご来店ようこそいらしゃいませ。
弊社はlv 財布の専門販売店です。 いろいろな商品は新しく着きます.すべての商品の品質が検査合格です.みんなを歓迎して選り取りで買います.当店の誠実と信用は取引して、品質は至上です.
みんなに安心して買ってもらいます.
興味があったら、名前をクリックしてくださいね
これからも、宜しくお願いいたします。
Posted by UGG at 2011年07月27日 00:47
新しいWindows プロダクトキー、Windows 7 プロダクトキー、Windows XP プロダクトキー、Windows 7 Ultimate プロダクトキーを取得するなら、linksinfostore.comのオンランサイトへどうぞ!送料無料です!Windows プロダクトキー、Windows 7 プロダクトキー、Windows XP プロダクトキー情報を掲載しております。新作の通販情報などもお任せ下さい
プロダクトキー 販売:http://buyproductkey.b.coocle.jp/
Posted by プロダクトキー 販売 at 2011年11月08日 16:07
There are thousands of women accessories manufacturers that make great designs and good quality products, almost every woman has a Gucci bag or is working toward having several Gucci bags in their wardrobes. www.guccijapan.com has a Great Variety of Gucci handbags and purses.
Posted by グッチ バッグ at 2012年01月07日 16:02
精力剤、ED薬、媚薬
超能持久 + 香港版蟻力神 + 金偉哥http://www.kanpou2.com/product-351.html
精力剤、精力増強剤、漢方精力剤、媚薬、女性用媚薬、女性用催情剤、ED薬の個人輸入代行、消費税、代行手数料が無料!
精力剤、媚薬、ED薬 バイアグラ、漢方薬の通販24時間注文受付中、商品到着100%保証、信用100%、秘密厳守http://www.kanpou2.com/

Posted by 精力剤、ED薬、媚薬 at 2012年02月22日 14:48
精力剤、ED薬、媚薬
超能持久 + 香港版蟻力神 + 金偉哥http://www.kanpou2.com/product-351.html
精力剤、精力増強剤、漢方精力剤、媚薬、女性用媚薬、女性用催情剤、ED薬の個人輸入代行、消費税、代行手数料が無料!
精力剤、媚薬、ED薬 バイアグラ、漢方薬の通販24時間注文受付中、商品到着100%保証、信用100%、秘密厳守http://www.kanpou2.com/


Posted by 精力剤、ED薬、媚薬 at 2012年03月07日 14:33
精力剤、ED薬、媚薬
漢方、精力剤、媚薬販売の
商品数も大幅に増え、品質も大自信です(*^v^*)
精力剤、精力増強剤、漢方精力剤、媚薬、女性用媚薬、女性用催情剤、ED薬の個人輸入代行、消費税、代行手数料が無料!
☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆
蔵秘雄精 商品説明 http://www.i005.com/product-315.html
【蔵秘雄精】チベットの秘薬、宝くじ!安全且つ効力抜群、純漢方製剤!酒を飲んだ後本品を服用しても効果が劣らない。前列線の治療に効果もよい。高血圧と心臓患者でも服用可。
http://www.i005.com/

Posted by 精力剤、ED薬、媚薬 at 2012年04月05日 15:49
新しいWindows プロダクトキー、Windows 7 プロダクトキー、Windows XP プロダクトキー、Windows 7 Ultimate プロダクトキーを取得するなら、myonlinesoft.comのオンランサイトへどうぞ!送料無料です!Windows プロダクトキー、Windows 7 プロダクトキー、Windows XP プロダクトキー情報を掲載しております。新作の通販情報などもお任せ下さい
Windows 7 Professional プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/goods-22.html
Windows 7 Ultimate プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/goods-21.html
プロダクトキー 販売:http://www.myonlinesoft.com/article-14.html
Windows 7 Ultimate 販売:http://www.myonlinesoft.com/goods-49.html
Windows プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/category-14-b0.html
Windows 7 プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/category-14-b0.html
Windows XP プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/goods-30.html

Posted by Windows プロダクトキー at 2012年04月05日 18:50
精力剤、ED薬、媚薬
精力剤媚薬の専門店ーhttp://www.i005.com/
●香港版の蟻力神(イーリーシンHK)
中国性保健協会指定商品
●イカオウ中国生まれ最強の精力剤
●蔵秘雄精 チベットの宝 スーパーパワー
●超パワー耐久(チベットの秘薬、宝くじ!)
継続時間はなんと120時間!
●新型強力な精力剤ー黒倍王
黒倍王ー世界に風靡する補腎強壮の精力剤
●強金龍キョウコンリュウ 
●ED治療に超パワー!
おたび、恋などに貴重な精力剤?媚薬をご提供。
--ご注文商品は100%お届けします。
--プライバシー厳守!
お気軽にどうぞ
http://www.i005.com/
Posted by 精力剤、ED薬、媚薬 at 2012年05月07日 16:13
弊社では、中国ウィグル自治区におけるカンゾウ栽培、加工メーカーの提携会社であり、
甘草輸出許可書を持ち、加工から輸出まで一貫サービスをご提供できます。
2007年ウィグル自治区で、100万平方米カンゾウ栽培工場を設立し、カンゾウの栽培、原薬の生産を始めた。
日本輸出経験豊かなスタッフが様々なお問い合わせに、迅速に対応させて頂きます。


◆商品名:甘草(カンゾウ)

◆産地:中国・新疆

◆生産能力:年産約800t〜1000t

◆医薬品の管理基準に基づく、生、刻み、粉砕、粉などを、希望の包装状態にできます。

◆加工、包装、輸出手続き、日本配送まで、すべて対応できます。

◆ご希望による、サンプル送付可能。


************************************
甘草(カンゾウ)はマメ科の多年草で、中国北部のウイグル自治区に自生します。
カンゾウの根に甘みがあり、乾燥したものでグリチルリチン、配糖体などを含有します。
鎮痛、抗炎症、胃痛、鎮咳去痰、解毒、十二指腸潰瘍などにすぐれた効果をあらわし、かぜ薬にも用いられます。ハーブティーに入れると甘くなります。
またはエキスや粉末を甘味料として用いる。
************************************
http://www.china-trading.jp/prot/129.html

興味ある方はぜひお気軽にご連絡ください。
=================================
■ 会社名 : 中国広州幸織輸出入貿易株式会社
■ ホーム: http://www.china-trading.jp
■ 電話 : +86 20-28934517
■ 携帯 : +86 15920393456
■ メールアドレス: info@china-trading.jp
=================================
Posted by 中国広州幸織輸出入貿易株式会社 at 2017年03月03日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31668553

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。