2006年01月29日

2006年1月11日分 ゲスト:オダギリジョー

国分:さあ今日はですね、すごいゲストの方が、来ました。
美輪:ええ。
国分:もう…映画だったりドラマだったりで、引っ張りだこの俳優さんでございます。
美輪:もう、あんなに映画に出ずっぱりでね。よく死なないなと思ってるぐらい(笑)。
国分:そしてカッコよすぎます!
美輪:ねえ。
国分:はい。「ん〜〜〜〜〜〜っ!!!」(こぶしを握る)って感じですね(笑)。
美輪:(笑)。『ねたまない、そねまない』。
国分:(笑)。そうですね。確かにそうです。
美輪:『人は人』。ね。
国分:江原さんはどうですか?
江原:いやー、やっぱりかっこいい人だなあと。いつも、テレビを見ながら「どうしてこう、生まれながらにして…」。ね?
国分:江原さんも…。
美輪:ひがまない(笑)。
江原:はい(笑)。ひがまない。
国分:さあ、そんなゲストの人からですね、メッセージをいただいています。『正直言いますと、この番組で起きることが本当のことなのか、霊や前世が本当に見えているのかわかりません。それだけに、今日はすごく楽しみで緊張しています。ぜひすごい体験をさせてください』。ということで。まあそうですね、僕もこの番組が始まった頃は、まったく信じていませんでした(笑)。はい。でもたぶん、今日1時間いたら、わかるのではないかなあと。ええ。
美輪:それか、「出るんじゃなかった」と立ち直れないぐらい後悔するか。
国分:楽しく帰ってもらいたいなっていう気がしますけどねえ。
美輪:そうはいかない(笑)。
国分太一・美輪明宏 『オーラの泉』

ナレーション:オダギリジョーさん、オーラの泉へようこそ。それではこれからスピリチュアル・チェックを始めます。
自分の性格を、一言でいうとなんですか?
オダギリ:えー…混乱。
国分:混乱?
ナレーション:小さい頃、なりたかった職業はなんですか?
オダギリ:海外青年協力隊。
ナレーション:何か苦手なものはありますか?
オダギリ:人ごみ。
ナレーション:想像してください。あなたは今とても好きな場所にいます。それはどこですか?
オダギリ:んー、トンネルですね。
国分:トンネル。
ナレーション:もし、ひとつだけ願いがかなうとしたら何を願いますか?
オダギリ:うーん…。今すぐ…死ぬか、ずっと死なないか。

国分:さあ、オダギリさん。どうぞこちらの方へ。
オダギリ:はい。よろしくお願いします。
国分:よろしくお願いします。
オダギリ:お願いします。
国分:緊張してますか?
オダギリ:いやー…こういう番組、もう久しぶりですし。
国分:トーク番組自体出ないですよね。
オダギリ:そうですね。
国分:ほー。出ようと思ったのはなぜですか?
オダギリ:あのー、いつもお願いしてるヘアメイクの方が、この番組がものすごく好きで。
国分:ええ。
オダギリ:で、よくお話を聞いてたんですよ。で「部屋までわかりますよ、オダギリさん」て言われて。
国分:わかりますよ、オダギリさん(笑)! 僕ももう見られましたから。
オダギリ:ホントですか? 僕も「掃除しといた方がいいですよ」って言われて(笑)。
国分:このあと、すごいことがいろいろ聞けると思いますので。
オダギリ:あー、そうっすか。
国分:スピリチュアルチェックいきましょうか。
美輪:さあ、イジメましょう(笑)。

国分:まず小さい頃なりたかったのが、えー、「青年海外協力隊」。
オダギリ:はい。
国分:これは、どうしてなりたいと思ったんですか?
オダギリ:単純に、いろんなところに行けそうで…井戸掘ったりするんですよね、たぶん。で、地元の人たちと触れ合いながら生活をしていくっていうのに、何かしら憧れを持ってたんでしょうね。
美輪:つまり外国よ。
国分:ほう。
オダギリ:そうですね。
美輪:外国に興味がおありなのよ。
オダギリ:はい。
国分:今も、外国に興味がありますか?
オダギリ:今は…でも日本が好きですね。
国分:ほぉ〜。それはどのくらいから変わってきたんですか? 海外という気持ちから。
オダギリ:やっぱり…アメリカに留学してた時くらいですかね。
国分:アメリカには何留学というか、何を勉強しに行ったんですか?
オダギリ:結果、俳優の勉強をしたんですけど。
国分:“結果”ということは、勉強しようと思ってたことは違ったわけですか?
オダギリ:(笑)。映画を…作りたくて。
国分:映画監督。
オダギリ:監督。
国分:の勉強をしに行こう…。
オダギリ:…と思ったら、役者のコースだったんですね。
美輪:ホホホ。間違えちゃった(笑)。
国分:あれ。あれ、そんなミスですか(笑)。
オダギリ:願書を…選び間違えたんですね。その、マルつけ間違えたというか。一番それっぽかったところにマルしたんですけど。
国分:それ(笑)、それっぽいところにマルをしたら、それっぽいのが俳優だったと(笑)。
オダギリ:俳優コースだったんですよ。まず1時間目に体育館みたいなところに呼ばれて。で、「ここは宇宙だから泳ぎなさい」って言われて。で、1時間泳いでたんです。
国分:はい。
オダギリ:それでなんかおかしいなあと。
美輪:(笑)。
国分:1時間泳ぎきって「あれ、違うなー」と。
オダギリ:はい。でも「本当にこれは願書を間違えたんだ」っていうのは、1週間か2週間かかりました。
美輪:(笑)。
国分:これねー、あの、思うんですけども、あの、願書を出し間違えたというのは、これ偶然じゃなくて必然ですから。
美輪:(笑)。
国分:ねー!?
美輪:江原:(拍手)
美輪:そうですね先生。
国分:偶然というのはこの世の中にありません! すべて必然ですから。
オダギリ:僕もそう思いますよ。なんかホントに。
国分:ホントですか?
オダギリ:出会いとかも全部、必然だと思いますよ。
国分:素晴らしいですね。それがわかっているというのは。

【人ごみが苦手】
国分:えー、苦手なものが「人ごみ」。
オダギリ:人ごみ…ですねえ。まあ、ひとりっ子だったし親が、片親だったんですよ。母親しかいなくて。だからたぶん、他者との交わりがもう、最初から苦手なんですよ。そういうものも含めて…知らない人がたくさんいると、もう怖いですね。
国分:やっぱこれも、昔…前世から。
江原:まあ、まあそうですね。でもあとはやっぱり、憑依体質です。
国分:あ、やはり。
江原:はい。
オダギリ:ヒョウイタイシツ?
美輪:憑依。つまり、乗り移られたり、取り憑かれたりする、そういう可能性の多い体質ってことね。霊的なものに。
オダギリ:ほお〜。はい。
江原:人ごみ苦手で。あの、そうすると具合悪くなるんですよ。疲れちゃったりもう。
国分:あの、役者さんで憑依体質の方多いと。
美輪:いや、だから役者になれるの。
国分:あー。役もすんなり入れるっていうことなんですね?
美輪:だから、すんなりスーッとこう、入れる人っていうのは、みんな憑依体質。でないと、いい役者にはなれないということ。
国分:どうですか? あの、役とかすんなり入れる方ですか?
オダギリ:…そう言われるとそういう気になってしまいますねえ、なぜかこの番組は。
国分:美輪:江原:(笑)。
オダギリ:たぶん、今受け入れてること自体が、ある種の憑依だと思いますよ。
国分:あー。そうっすねえ。
江原:あの、そのとおりなんですよね。憑依体質の人っていうのはね、あのー、相手の言っていることを、ものすごく受け入れるんですよ。
オダギリ:あらやっぱり。
美輪:「あら」だって(笑)。
国分:“憑依”という言葉が出た瞬間、オダギリさんの顔が「おっ、なになに?」って変わってましたから。その時点で興味を持ち始めてるわけですよね。
オダギリ:そうですよね。
国分:霊感ていうのはある方ですか?
オダギリ:えー、まったくないですねえ。
江原:いえいえ(笑)。すっごい浮き沈みがあるじゃないですか。気持ちの。
オダギリ:気持…ちの?
江原:その、場所とか人とかいろんなところで、全然急になんかこう…深い統一に入ってみちゃったり、なんか自分では話そうと思うんだけど、なんか話すことができなくなっちゃったり。
オダギリ:そうですねえ。
江原:ねえ。
美輪:いやだから、それが、つまり霊的なもののね、障りだとか霊的現象だとか、そういう知識が今までまったくなかったから。
オダギリ:そうそうそう。
美輪:だから、知識とそれが繋がらないのよ。
オダギリ:そうそうそう。ホントそうですよ。
美輪:ね?
オダギリ:そういうことなんですか?
江原:でいて、よく物なくすでしょう? それでいて、と思ったら急に出てきたりするでしょう?
オダギリ:…そう言われてみればそういう気になりますね。
国分:江原:美輪:(笑)。
オダギリ:ちょっと怖いですねこの番組は。
美輪:そういう気にならなくてもそうなんだから(笑)。仕方がない。
江原:それでいて、今日はないですけども、あの、帽子お好きじゃないですか?
オダギリ:帽子は好きですね。
江原:おうちの中に結構、帽子いっぱいありますよね。
オダギリ:家が見えますか?
美輪:家宅侵入してんのよ。
国分:家入ってきました。
オダギリ:帽子ありますよ。
江原:帽子かぶると安心するでしょう。
オダギリ:安心しますねえ。
江原:でいて、気持ちが落ち着かない時、帽子かぶりたくなりますでしょう?
オダギリ:あ、まあそういうことかもしれないですね。
江原:で、自分の心のテンションというか、状態がいい時って、帽子かぶらないでしょう?
オダギリ:……いや、かぶります。
美輪:無理しないの(笑)。
国分:目を合わせたくない(笑)。
オダギリ:(笑)。
美輪:なんて素直じゃない子でしょう!
オダギリ:(笑)。ちょっとなんか…「反発しなきゃ!」みたいな気持ちが。
美輪:そう。だからね、素直にストレートなもので表現する勇気がないから。だから、全部ひとひねりふたひねりしちゃって、裏の裏のいろんなものを、どんでん返しでもって、身を守ろうとするところがあるのよね。うん。そうなの。
オダギリ:いや、ホントに僕の行動はすべて自己防衛だと思いますね。
美輪:そう。

【今すぐ死ぬか一生死なない】
国分:「願いが叶うなら」。
オダギリ:はい。
国分:「今すぐ人生を終えるか、一生死なない」。
オダギリ:いや、あの「願いが叶うなら」っていうくらいですから。そんな…小さなことを願ってもしかたがないなと思って。
国分:ええ。
オダギリ:やっぱり、もう生きるか死ぬかどっちかだろうって思って。
国分:え、でも死ぬのはどうなんでしょうかね? 今この時点で死んじゃったら、やりたいことも出来なくなっちゃうわけじゃないですか。
オダギリ:いやでも中途半端…願いですからね。「じゃあもう殺してくれ」っていうことになりましたね。
国分:はあ〜。そうですか。
オダギリ:それか…もしくはもう「ずっと死なないか」。
国分:ずっと死なないのも、しんどくないですか?
オダギリ:何かがこう…見えそうで。その…何百年も生きていくと。
国分:何かが。
オダギリ:はい。なんか「神にまで行けるんじゃないかな」と思いますね。
国分:どうですか、こういう考えというか…思っているっていうのは。
江原:(笑)。
美輪:んふふ。
オダギリ:呆れてますね〜。
美輪:いいえ(笑)。そのうちわかるわよ。ね。
江原:(頷く)
国分:あ、この言葉にも意味があるということですか?
オダギリ:えー! ちょっともったいぶりますねえ。
美輪:あとのお楽しみ(笑)。
国分:まあ、いろんなことを聞きたいですよ。
美輪:一番あとから。
国分:じゃあちょっと、オーラのカルテの方を作っていきましょうか。

【オダギリジョー オーラのカルテ】
国分:今日じゃあ、まず、前世の方から。
江原:うん。あのねえ、前世もいろいろありましてね。いや〜、今までいろんな経験をなさってきてるんですよね。で、私、ふたつばかり見えてくるんですね。それがね、まずどうしようかな…ひとつ前…時代の。
美輪:前世ってね、何度もあるんですよ。もう何十回、何百回ってある。
オダギリ:はい。そのなかのふたつ…。
江原:それでね、あの、時系列からして一番手前のところからいくと、さほど古いってわけじゃないんだけれども、…江戸…期とかのね、日本です。で…あのね、その時点で海外渡ってるんです。
国分:へえー。
オダギリ:ほう!
江原:でいて、元々はね、あの…(フーッと息を吐く)…武士とかの家系だと思います。そんなに特別な武士じゃないんですけどもね。で、学問をね、とにかく修めたいっていう気持ちが強くて。で、今でいう哲学ですよね、そういったことも修めつつ。でいて、海外に出ようとして、この日本をとにかく脱出したかったんですね。
国分:オダギリ:うーん。
江原:それでいて、海外にお出になられて。そして、戻ってきてるんですよ。
オダギリ:はい。
江原:帰ってきてて。で、ひとつのね、政治思想家として、ちょっと危険人物とされて、あのー、ずいぶん、あの隠れながら生きていたっていうような状況…の景色が見えるんですね。
オダギリ:へえ〜。
江原:うん。で、それよりも前っていうことをちょっと申し上げると、それはもっと古い時代に遡りますけどもね。イタリア…もしくはその周辺国? においてですが、修道士だったのが見えるんです。うん。で、布教して、旅して回ってた。うん。でいて、なぜそのトンネルみたいなところ…を好むかというと、そういうところが寝ぐらであった。寝ぐらっていうか、本当のトンネルじゃなくてね。えー、すごく…当時の教会です。だからちょっと薄暗くって、なんかこうちっちゃーいね、古ーい教会みたいなのがお好きじゃないかと。それは当時のそういった名残で、もうほとんど小屋に近いような、そういったところで。で、そこで布教活動しながら、だから実はね、その、えー…海外協力隊とかね、そういう気持ちになるのも、いろんなところに行けるとか、それだけじゃないと思う。やっぱりいろんなことを、あの、あなたの中で助けていきたいとか、そういう気持ちっていうのは、ある。で、人に対して哲学…だから、常にどこも繋がっているのは、人生哲学をずっと追い求めていってるんですよね。
オダギリ:うーん。
江原:常に常に哲学哲学って考えるところが、おありになる。
オダギリ:そうですね。
江原:うん。
オダギリ:哲学好きです。確かに。それも、宗教哲学好きです。
国分:ほう!
美輪:それと、人間好きの人間嫌いなの。
オダギリ:うん。
国分:人間好きの人間嫌い…。
オダギリ:好きなのに嫌いなんですか?
美輪:うん。そうそう。貧しくてね、どうにもならない子達とか。ワーッともう何かしてあげたくなるような、そういうあたたかい…そういう、人間が好きなのよね。だけど、そういう人間ていうのは、ほとんど…そこいら歩いてて、いないじゃないですか。六本木や渋谷歩いてたって。エゴイスティックとかいろんなもの、汚れているものがいっぱいいるでしょう? だからそういうものは一切、見たくもないし、中にも入りたくないし。だからその、人間好きなんだけど、人間嫌い。
オダギリ:うーん。
江原:たましいの歴史の中でも、相当今まで、非常に単純な言葉を使えば、人助けなさってるんですよ。それで、弱い者ね。すべてが。だから今、美輪さんおっしゃったように、弱い者。差別偏見を受ける者。そういう人は大好きなんです。
オダギリ:ほお〜。
江原:私も常々尊敬しますけどね、あのねえ、聖フランチェスコ(1182?〜1226。愛と清貧の生き方を徹底し、貧者、病者に奉仕する托鉢修道会を設立した)に関わっていた人だと思うんです。そういうような会派。要するに、その当時は異端というか、変わった人たち。キリスト教の中でもね。違うふうにされてた、そういうグループのなにか、分かれじゃないかと。なぜかというと、本当にボロボロの格好してる姿。
オダギリ:国分:へえ〜。
江原:だから、いわゆる、普通のカプチンといわれるね、そういうものを着てるんじゃないんですよ。もう、ボロボロの格好をしてて。うん。でいて、ほとんど素足に近いような感じだし。でいて、ひとつ前のその日本の前世もそうだけども、ある種その政治思想家みたいな感じだったでしょう? うん。だから、弱き者をなるべく助けなきゃいけないっていうのと、何事もその、『多数派』みたいなのを望まないんです。多数派によらないっていうか、媚びないっていうか。だから今でもそうでしょうけど、多数決ってね、多い方が正しいと思ってないタイプです。
オダギリ:うーん。
美輪:で、あのー、神秘的なそういうものね、信じないとか、それは悪ぶって言ってるだけの話でね(笑)。
オダギリ:はい(笑)。
美輪:本音はそうじゃないのよね。
オダギリ:はい。
美輪:ホントはだから、神秘的なものだとかね、そういう話ができる人を周りに置きたいし、それだったらいっくらでも、何時間でも話ができるし。そういう人を本当は、常に追い求めて欲しがっていらしたのよね。昔から。だけどそれが授からないのよね周りに。そういう人は滅多にいませんからね。
国分:守護霊さんは、どんな方ですか?
江原:その、今言ったお侍さんだった人。学問を修めて、思想家になった人がいらっしゃるんですね。
オダギリ:はい。
江原:だからね、ご自身で…ごめんなさい、『俳優さん』とか例えばね。肩書きつけられるのは、不本意かもしれない。
オダギリ:うーん。
江原:それしかできないような気分になっちゃうから。
オダギリ:うーん(頷く)。そういうとこありますね。
江原:マルチでいたいっていうかね。
オダギリ:あのー…僕はサムライになりたいんですけど。
国分:ほう!
オダギリ:それは関係あるんですか?
江原:あります。
オダギリ:その、彼と。
江原:あります。だけど普通の侍を望んじゃいないから。
オダギリ:うーん…。
江原:うん。どっちかっていうと、体制にはまらない、型にはまらないお侍ですよ。なりたいっていっても。
国分:お侍さんになりたいっていうのは、テレビで見るような、ああいうお侍になりたいってことなんですか?
オダギリ:いや精神的に…。
国分:精神的…。
江原:武士道、でしょう。
オダギリ:武士道。
国分:なるほど。
江原:あと、余談なんですけどね、心臓だけは大事にしてください。
オダギリ:えー!! 心臓たまに痛いんですよ。
江原:でしょう。でねえ、それにはね、ひとつね、あのー、アドバイスがあるんですよ。
オダギリ:はい。
江原:実は大変珍しいあの、オーラの輝きを持ってる人でね。で、まず持ってらっしゃる色っていうのは、シルバー。そして、そこの枠にゴールドがあります。そしてあとブルー、が結構強いんですね。でいて、すこーしなんですがね、紫の光も入ってます。ね。だからそれは、えーと、紫っていうのは情愛の部分で、本当は情愛もある人で。優しい人ですよ。ブルーが強いのはやっぱり自分の中でこう、クールにクールに物事見ようとしてるから。
オダギリ:はい。
江原:だから、もっと喜べばいいのにっていうところを喜ばなかったりね。自己防衛で。シルバーっていうのは、独自の道を貫くところがあって。ゴールドっていうのは、英知でいい色なんだけれども。ただね、いっこだけ問題なのは、頭の上にね、ずっとこう、螺旋が出ちゃってる。
オダギリ:はい。
江原:これはエネルギーの流れなんですけどね。だから…あの、ちょっとね、霊的なその…なんていうのかな。突出してるんだけども、バランスよく突出できてなくて。これではね…あのー、たとえば神経衰弱になっちゃったり、あとは…たとえば不眠症になっちゃったり。今度寝たら起きられなくなってしまったりとか、非常にアンバランス。体にも変調をきたしてて。だから、必要以上に、いろんなものを感じとりすぎちゃう…ところを…なんていうのかな、強すぎてもよくない…難しさ。うん。だから、そういう感覚だけが突出してしまってるから、そうするとね、心臓にくる。
オダギリ:はい。困りましたね。
美輪:いや、方法はあります。呼吸法。
オダギリ:呼吸法。
美輪:うん。深呼吸して、鼻からゆっくり息吸って。息を吸った時に頭いっぱいにね、するつもりで。そうするとお腹にも入ってるんですよ。気がつかなくても。ちゃんと。その時ね、乳首を前に出すつもりでなればいい。乳首を前に出す。それで、楽にしてて。力入れないで。…そうすると下まで入りますからね。それでゆっくり………こう、入っていって。それをず〜〜っと繰り返していると、いいんです。それと、あの、食べ物。
江原:(頷く)
オダギリ:はい。
美輪:食べ物が、一番原因してますからね。
オダギリ:食べ物はねえ〜。
美輪:もう、メチャクチャだから。
オダギリ:メチャ…もうホントメチャクチャです。
美輪:食べ物がね、メチャクチャなのこの方。
国分:どの…ですか?
オダギリ:ほぼ、弁当じゃないですか。現場の。
国分:そうですね。
美輪:やっぱりあの、スタジオ弁当だとかロケ弁だとか、そういうものってのは、もうただお腹いっぱいになればいいというシロモノばっかりじゃない。なるべく身を守るために、今のようなね、雑食をやめて、キチッと栄養を考えて。体にいいものだけね。だから、食べ物と呼吸法とをキチッとすると、そうすると、すべて変わってきますよ今度は。
オダギリ:へえ〜
江原:それでね、スッとちゃんとエネルギーが通っていないんですよ。だから、頭ばっかりものすごく冴えちゃって。体の方がチグハグになっちゃって。うん。呼吸法をすることによって、ごめんなさい失礼な話、あのね、ご自身はそれがひとつのスタイルと思ってらっしゃるかもしれないけれど、そうじゃなくて、お腹を立てて座れないはずなんですよ。
オダギリ:はい。そうなんですよ。
江原:エネルギー摂ってないからなんです。
オダギリ:あー、そうですか。こういうことですよね(姿勢を正して座る)。
江原:だから、それは別に、キャラクターとしてね、ポーズとしてねごまかせちゃうというか、できるんだけど、だからたとえば、周りの人から「姿勢よくないね」とかって言われたとしても、そうじゃなくてね。疲れちゃって持たないんです。
オダギリ:そうなんですよねえ〜。
江原:だから、すごく健康体でありながらおかしいなと思うかもしれないけど、それはエネルギーがちゃんと通らないから。お腹が立てられないんです。だから、どうしてもこう(猫背に)なってしまう。そうするとね、さっき「神経衰弱になっちゃいますよ」って言ったけど、要するに、頭ばっかりが冴えてしまって、分断してしまう。
オダギリ:はい。
美輪:だからそうすると、マイナス思考になってきて。どんどんどんどん。だからさっきみたいにね、ハムレットじゃないけど、“生か死か” みたいな。“To be or not to be”みたいなことを言い出すわけ。うん。
江原:だからその辺が、美輪さんがおっしゃったことができてくると、ネガティブなことを跳ね返せるようになるんですよ。
オダギリ:はい。
江原:それができないから、全部受け手受け手にいってしまって。自分自身が“混乱”になるんです。だからそうやって、頭のどっか通す、イメージ。下の部分がグッと閉じていくっていうのかな。で、流れていく。
オダギリ:うーん。
美輪:自分の部屋でね、呼吸やって。あぐらかいててもいいし。足をこう広げて、ピラミッド型に広げといてもいいし。その時にあなたに一番いいのは…あの、宗教音楽のグレゴリアンみたいな。
オダギリ:うん。グレゴリアン。
美輪:宗教音楽の、厳かなのがありますよ。男性コーラスの。(歌う)そういうの聴いてると、スーッとやってると、フーーーッとしてきますよ。
オダギリ:へえー。
美輪:ものすごいパワーが出てくる。それなさるといいわ。
オダギリ:ちょっとやりたくなってきました。
美輪:いや、もともとやってらしたんですもんね? その前世で。
オダギリ:はい。
美輪:そう。
江原:それと、可愛い女の子がね、ずーっとねえ、さっきからいてねえ。横に。
オダギリ:えー!?
江原:それでねえ、あの、本当はねえ、ちゃんと、兄弟いたはずですね。女の子がね。
オダギリ:え、僕にですか!?
江原:はい。だから、その子がとってもあなたを心配して。あなたの肩だの、さっきから、腕だのって、一所懸命さするんですよ。
オダギリ:はい。
江原:うん。この人はあなたのご兄弟さんだった。ほとんど歳の変わらない兄弟さんだったはず。姿で見えるのは今、ちっちゃな女の子。4歳とかそのぐらいの、ちっちゃな女の子で見えるんですよね。で、心配して。一所懸命、精神のなぐさめ、額をさする姿、仕草が見えましてね。うん。そうなんですねえ。
美輪:ありがたいわね。
江原:ありがたいんですねえ。ただ、いっこだけなんですけどね、あの、部屋の中にね…あの、別にどこのうちにでもないんですけどね、オダギリさんの場合ね。あの、顔の…絵はね、置かないほうがいいと思うんですよ。
オダギリ:顔の絵ですか? ポスターとか?
江原:そう。あのねえ、“オダギリさんに限っては”なんですよ。あの…自分自身がどんなにその、お好きであろうが…あんまりこうね、顔を飾るっていうのは、神経がね、それによって休まらなくなっちゃって…あのね、私だとかがよくするね、写真を透視するとか。(スタジオ内でバチッと音がする。江原はオダギリの頭上を見てニヤッと笑う)
オダギリ:なんで今笑ったんですか? 『パチッ』で。
江原:(美輪をみて笑う)…だからそういうね、あの、写真透視とかっていうのを、私なんかよくしますでしょう? そういうものを、日常の中で感覚的にするようになっていってしまう。そうすると、別の人物に自分がこう、入っていっちゃったり。言葉が、ごめんなさい適正じゃないかもしれないけれど、多重人格的になっていっちゃう。だから、家の中は休んだほうがいいですよ。
オダギリ:うーん。
国分:家の中にありますか? ポスターとか顔の絵。
オダギリ:玄関開けたところに…ジョニー・デップの『デッドマン』ていう映画のポスターが、ドーンとありますね。
国分:ほお。
オダギリ:それですかね?
江原:だと思います。その人の精神構造と、自分とが、こうほら、妙にリンクしてしまうというか。
美輪:『デッドマン』て、死んだ男っていう意味? 
オダギリ:はい。

美輪:うーん。それと、骸骨のものは一切置かないほうがいいんですよ。
オダギリ:えー、骸骨のものもありますねえ。なんかいろいろ。
美輪:あるでしょう? 骸骨のものはあなたのところ置いちゃダメですよ。
オダギリ:えー。
江原:あと奇妙な人形。
オダギリ:奇妙な人形(笑)。
江原:なんかよくわかんない、普通のかわいらしい人形じゃなくて、なんか奇妙な…。
オダギリ:そういうものもありますね。
江原:それとあとレコードジャケットとか、なんかこう…。
美輪:うん。だから、マイナスの波動の出るものをたくさん置いてあるから。
江原:うん。多い。
オダギリ:えー!!
国分:(笑)。
美輪:だからその、ポスターもダメだし、ね、骸骨のものがいっぱいあるようだけど、それも退治しちゃった方がいいしね。
江原:なんか、あるものとかの色調がホント、サイケデリックなね。なんかこう……。
美輪:だから本来の、オダギリさんの好きな線じゃないのよ。それがね、ポップだと思ってね、やってるだけで、本質的に求めてるものじゃないのよ。だから、ギャップが出てくるの。自分がイライラしてくるの。自分が好きで、居心地がよくてっていうのはね、さっき言ったようなね、グレゴリアンとか音楽を聴いてみたりね。うちの中も、どっちかっていうと、スーッと静謐な感じのね。そういったものやなにかが、ホントは好きなんですよ。
オダギリ:ほお〜。
美輪:そういったインテリアにして、音楽もそういったものを聴くと、本来の自分を取り戻せるから。
オダギリ:ふ〜〜〜ん。
美輪:そうするとね、いろんなマイナス思考が全部、なくなってくる。そして今度、仕事のね、範囲が、ものすごく広くなる。
オダギリ:うん。
美輪:今まで15°くらいだったのが、仕事の、あの…タイプがね。もう180°、360°って広がってきますよ。うん。
江原:赤い光ね。
オダギリ:赤い光?
江原:赤い光。
オダギリ:あ!
国分:家の中ですか?
オダギリ:あ、つい2、3日前ですよ。赤い光を作ったのは。
江原:それでそういうのってね、精神によくないですよ。
オダギリ:そうなんですよ。変えてから。
美輪:疲れるでしょ?
オダギリ:これまずいなと思いまして。
美輪:(笑)。
江原:サイレンとか何でもそうだけれども、強いね、悪いインパクト、エネルギーを発してしまうでしょう? だって、赤い光っていいものって…。だって、「緊急」とか「手術室の灯り」とか。
美輪:「火事」とかね。
江原:「消防署」、「パトカー」、ね? だから、申し訳ないんだけど、ブードゥー教の屋敷にいるみたい。
オダギリ:あ、そうっすかー…でも…裏目裏目じゃないですか僕の部屋。
美輪:だから落ち着かないし、イライラするし、食事はメチャクチャだし、だからあの、心臓へ来ちゃうわけ。それで不眠症にもなるし。ものすごくあの…凶運を呼ぶようなものを…だから死にたくなったりするんですよ。呼ぶの。「こっちおいで、こっちへおいで」ってやるんですよ。「バカヤロウ、てめえなんかに負けるか」って、破いて捨てちゃえばいいのよ。燃して。火つけちゃえばいいの。
オダギリ:うおー。
美輪:火つけちゃえばいいんですよ。「ざまあみやがれ」って言って。
オダギリ:えー。はい。
美輪:イタズラするんですもの。うん。
オダギリ:えー、でも僕そのポスター、すごい欲しくて探したんですけど…。
美輪:うん。いやだから、悪いものって魅力があってね、たとえば体に悪いものって美味しいんですよ。体にいいものって粗食で不味いじゃないですか。薄味だし。それと同じ。正負の法則なの。だから男でも女でも、悪い女とか悪い男は性的魅力があるんですよ。ものすごく魅力があるの。
オダギリ:なるほどねえ。
美輪:だけど、本当にステキな、やさしい人とか清純な人とか、自分のためにいい人ってのは、なーんかその…抱きたい魅力もないし、性的魅力はないし、味気ないものなのね。安らぎはあるんだけど。だから、どっちを選ぶかよね。
オダギリ:そうですよねえ。
美輪:悪いものを食べたり付き合ったりして、身の破滅になってしまうか。いいものだけを食べたりお付き合いして、それで健康的で明るくて、まったく素晴らしい人生を歩いていくか。どっちを取るかなの。
オダギリ:あの、ここで質問なんですけれども。
国分:はい。
オダギリ:たとえば、その「悪い」と今教えていただいたそのものを、むしろ集めていくっていうのはどうですか? 
江原:(目を細めて渋い顔をする)
オダギリ:で、もっともっと精神を病ませる。
国分:…なんでそういうことをしょうと思うんですか?
オダギリ:いやなんとなく(笑)。もっとひどい状況になっていくのかなと思って。自分が。
国分:それを楽しんでみたいというか…。
オダギリ:それもなんかちょっと魅力的だなと。
国分:ほお〜。
オダギリ:それはどうですか?
美輪:(微笑んで首を横に振る)
江原:(目を細めて渋い顔)
オダギリ:ありはありとか?
美輪:いやだから、あなたがそうしてるわけじゃないから。
オダギリ:誰が?
美輪:「追い出されてなるものか」っていうものが、後ろにいるんですもの。
オダギリ:えー!!
美輪:だから、あたくしや江原さんのことが憎くてしょうがないわけよ。「余計なこと言いやがって」って思うから。
国分:ほお〜。
江原:だから、バチッ、バチッて音が鳴るでしょう。
オダギリ:はい。
美輪:さっきから音がしてるでしょう?
国分:え、それは後ろの、(バチッと音がする)悪い…。
美輪:そうそうそう。
江原:ほら、今だって。
美輪:ほら。今バチって音がしたでしょう。
オダギリ:(泣きそうな顔になって)した〜。
美輪:ね? そうなのよ。
江原:素直に。
美輪:それが、そうさせてるわけ。あなたじゃないの。
オダギリ:えー! 悪いヤツがいるんですか、後ろに?
美輪:そうそうそう。
オダギリ:黒幕が。
江原:でも、それの元たるものはね、あのー、実はその、アメリカからなんですよ。
オダギリ:えー!? アメリカからですか。アメリカから連れてきてるんですか?
江原:はい。
美輪:そういうこと。
江原:どういうふうな姿をしてるかというと、男性で、それでいて、うーんと……たぶん、いろんな血の混じってる人だと思うんですけどね。それでいてもうだから…精神ていうか…だからさっき言ったでしょう、サイケデリックな感じって。そういうものをすごく求めていって、「えーい、やっちまえ」だとかっていって。で、滅びていった人。
オダギリ:へえ〜。今すっごい心臓がドキドキしてバクバクしてますけど。
江原:早く追い出した方がいい。
オダギリ:えー。それどうやって追い出せばいいんですか?
美輪:だからね、ブードゥー教みたいな、住まいのインテリアをやめることね。
オダギリ:はい。
美輪:それは本来のあなたじゃありません。
オダギリ:ほぉ…やーもうちょっと、美輪さんの顔が怖いですよ。
美輪:そうでしょう?
オダギリ:はい。
美輪:っていうのは、それは後ろに憑いてるのが、私を怖がってるのよ。私の方には、マリア観世音菩薩から、マリア様からイエス様から、いろんな、ものすごい高級霊が、ダーーーッて並んでるから。
オダギリ:…怖い〜〜。
美輪:うん。だから怖いんですよ。悪魔からしてみれば。手も足も出ないから。「余計なことを言う」って思ってるわけだから。

美輪:だからあなたの本来の、聖なるもの、清らかで、本当に正常な、優しくて慈悲深くてね。すごい力を本来は持ってらっしゃるの。
江原:持ってらっしゃる。
美輪:プラスの力を。それを封じ込めちゃって、「おいでおいで」って。
江原:でね、十一面観音みたいなんですね。ドクロがこう並んでる頭。
オダギリ:え! その人がですか。
江原:うん。持ってるの。見えるのね。十一面観音…観音様ならいいですよ。違うの。ドクロが。
オダギリ:…まずいじゃないですか。
美輪:だから、まずいのよ!
江原:まずい。
オダギリ:(笑)。結局この番組来てまずいじゃないですか。
美輪:いやいやいや。だから助かったわけ。
オダギリ:はい。あー、わかってね。
美輪:だからその、あなたの妹さんだかね、お姉さんだかそういった人…お姉さんだと思うんだけど。あのちっちゃい子。ね。あなたを。
オダギリ:助けてくれてるんですか?
美輪:「何とかあなたを助けたい」と思ってるわけだし、後ろについてるお侍さんであるとか、神父さんであるとか、そういった人たちは、なんとかあなたを、もうハラハラハラハラしちゃって、助けたくってしょうがなかったの。
江原:そうですよ。だからほんっとに、たましいの経緯からいって、すっばらしいものを持っているのに…。
美輪:そう。それでやっぱりあの、小さい頃にね、受けた周りの仕打ちとか、後天的なそういうものも、アクシデントも、トラウマにもなっているのね。うん。
江原:一番は、やっぱり寂しさなんです。
オダギリ:…寂しがりやなんですよ。
江原:一番はもう、孤独感なんです。
オダギリ:孤独感ですねえ。
美輪:うん。だからほら、前世が孤独が好きだったからねえ。神父さんの頃に。
江原:(頭上に向けて息を吐く)
美輪:その延長線もあるわけだからね。
江原:(頷く)
オダギリ:今なんかフーフーしてましたけど。
美輪:祓ったのね? いや、まだ悪あがきしてんのよ。だから本人自身が決定(けつじょう)していればいいんです。
国分:今日から、やっぱりちょっと意識をしていくってことが。
美輪:そうそうそう。ドクロを置いてみたりとか、その変てこりんなジジイのあのー、ポスターなんかね、ただのゴミになっちゃうのよ。なんの価値もないの。それは。
江原:(立ち上がってオダギリの背面に向かう)(美輪と国分に)あ、どうぞどうぞ。
美輪:(江原に)どうぞどうぞ。そういうものなの。しぶといから。なかなか出て行かないから。
江原:いや出ますよ。
美輪:だからもう、出しちゃって。
オダギリ:はい。
美輪:フッフッフッフッ。
江原:(オダギリの背中を叩き始める)
美輪:同じような話があるの。いい? やってもらいながら聞いて。
オダギリ:いいんですか、普通に話してて?
美輪:いいのいいの。あのね、あたしの兄がね、お土産でね、武田信玄のお土産の像を持ってきたわけ。普通のお土産ですよ。像で。で、そしたらね、兄にとり憑いてんのよ、その家来たちやいろんなものの怨霊が。それで、シャレコウベの、ドクロの霊がね、「明日大将が来る、明日大将が来る!」っていって飛び上がって喜んでんの。それで、マルにね、菱…菱形が4つ付いてんのかな? そういう紋所の、「これにあなた覚えがないか」って(兄に)言ったら、「これ?」って言ってカフスボタン見せたのよ、兄が。それが、“武田菱”っていって紋所で。武田信玄に憧れてて、お土産にもらってて。ね? それでその、大将が持っている旗っていうのを明日自分がそこへ行って、買いにいくつもりだったの。だから「明日大将が来る、大将が来る!」って骸骨が叫んでたの。それで私が、「とんでもない! すぐ流してらっしゃい」って言って。翌日多摩川に流しに行ったら、なんとフッと気がついたら、流したあとで見たらね、戦勝祈願を武田信玄がやった、浅間神社の前だったの。それで、ギャーっていって、逃げて帰ってきた。そういうことがいっぱいあるのよ。数え切れないくらい。霊が。(ピシッと音がする)なーかなかね、数え切れないくらい、そういう悪霊とか死霊とか、生霊とか、しぶといですからね。だから今…今度は…ちょっと。
江原:(除霊を終え、自分の席に戻る)
美輪:ちょっと…今度は江原さんの方がスタミナ消耗して大変。
江原:大丈夫です。
美輪:大丈夫?
江原:はい。大丈夫です。
オダギリ:大丈夫ですか?
江原:相当…あのね、孤独な思いしたのね。子供の時に。あなたもう、ひとりじゃないから大丈夫。
オダギリ:あ…(笑)。え? はい。僕はもうひとりじゃないんですか!?
美輪:私たちがいるじゃない。
江原:子供の時、ひとりぽっちでねえ、いる姿が見えて。だから、ひとりでお留守番しているような時があったんでしょうね、結構。だからなんとなく、ポツーーッと夕暮れの、暗い中にいるっていうのがあってね。うん。
オダギリ:ほう。
江原:まあ、いろいろみんなありますよ。だけどもまあ、もっともっと強くなられて。
オダギリ:はい。わかりました。
国分:今はもう、出て行ったというか。
美輪:いや、様子を伺ってる。
国分:あー。
美輪:隙あらば戻ってこようと思ってるからね。
国分:あとはもうオダギリさんが変わっていく…。
美輪:いや、だから、こちらの方が鍵がかかっちゃえば、閂を掛けちゃえば、来られないのよ。だから、こっちがまたゆるゆるしちゃってね、閂がゆるい状態になったら、またスーッと「ごめんください」って入ってきちゃう。
オダギリ:そうですよねえ〜。
美輪:そう。
オダギリ:鍵できますかねえ?
美輪:あなた次第。
江原:でも今体ラクになったでしょう? さっきより。
オダギリ:…そう言われると、そういう気になっちゃうじゃないですか(笑)。
美輪:(笑)。
江原:動いてごらんになればいい。それで、気持ちも軽くなっているはずなんです。
国分:さっきよりも、何か変えたいという気がしてるのかなっていうのが、伝わりますけどね。「何とかしなきゃいけないのかな」っていうような考えを持ち始めているんじゃ…。
オダギリ:(頷く)
美輪:もったいないわよ。芸術的な素晴らしい俳優としての才能があるんですものたっぷり! 
オダギリ:はい
美輪:それがね、「そんなことくらいでメチャクチャにされてなるものか」って思わないと。
オダギリ:そうですねえ。
美輪:もったいないじゃありませんか。ねえ。
オダギリ:ちょっと…。
国分:まあ、ここから変わっていきましょうよ。とりあえず。
美輪:そうするとね、いろんなものが変わりますよ。
オダギリ:変わりますよ、たぶん。相当変わると思いますよ!
美輪:ものすごい変わり方する。
オダギリ:役者としてもなんかすごい…。
美輪:役者としてもね、ものすごい、レパートリーが広がるのよ。
オダギリ:広がりますかねえ?
美輪:そう。今までは大体、エキセントリックなね、15°くらいだったでしょう? それがね、ノーマルなものから何から、もう、「なんでも来い」になるわよ。
オダギリ:衣装とかも、全然変わっちゃうと思いますよ(笑)。
美輪:もーちろんそうよ!
オダギリ:次から。
国分:会いたいですね(笑)。もう1回来てもらいましょうよ。

国分:さあ!
オダギリ:はい。
国分:どうですか? こういう世界は。
オダギリ:家の中、結局見られちゃいましたよ。
国分:サッと鍵開けて、パッと入ってきましたよ。
オダギリ:それで全否定ですよ。
国分:(笑)。見といて全否定(笑)。ちょっと悪い霊だったりとか、そういうものが。
オダギリ:ホントですよ。どうすりゃいいんですかねえ?
国分:そういうのを変えていくっていうことが、大事だと思うんですよね。そしたらこう、たとえば、警察の役だったり。あ! 警察の役かなんか、やるんじゃなかったでしたっけ(笑)。!?
(後ろで美輪の笑い声)
オダギリ:そうなんですよ。
国分:そうでしたよねえ。
オダギリ:明後日(1月13日)23時15分からスタートします。『時効警察』っていうね。始まるんです。
国分:どんな内容ですか?
オダギリ:えーと、趣味で時効になった事件を調べていこうという。ホントふざけたテレビなんですけど(笑)。
国分:ホントでも、こういうことですよ。
オダギリ:こういう役もできるようになると。
国分:楽しめましたか?
オダギリ:番組ですか? いや、楽しかったですね。だから…なんか…こうなんて言うんですかね。ミニレギュラーみたいので入れてもらって(笑)。
国分:その時点で、もうちょっと変わってるじゃないですか!
オダギリ:ホントだ(笑)。
国分:ねえ!
posted by 大介 at 01:29| Comment(42) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オーラの泉いいですねぇ。
公式サイトがイマイチだったので、過去分を知ることができるこのサイトを大変ありがたく思います。

何故かオダギリジョー編が面白く、録画を4,5回は見直してます。

一時間番組になったのでupするのは大変でしょうが、これからもがんばって下さい。
Posted by nomekun at 2006年01月30日 13:56
書き起こし、ほんっとにお疲れ様でした!私もやったことがあるので、ご苦労がよくわかります。いつもありがとうございます。これからも応援してます。
Posted by 梨乃 at 2006年01月31日 17:30
オーラの泉実況、一気読みしました。見逃したものがあって見たかったので、とてもうれしかったです。どうもありがとうございました。
Posted by ちゃあきい at 2006年02月04日 12:44
『メレンゲの気持ち』に美輪明宏さんが出演されていて、初めて番組の存在を知りました。今の自分が求めている考え方や、心の助けになるような気がします。目に浮かぶくらい細かく書き起こしてあって、非常に読みやすかったです。ありがとうございました。
オダギリジョーさんを特に好きってわけでもないのに選び、読んだというのはやはり偶然ではなく必然なのでしょうか。
非常に感銘を受けました。
Posted by なみ at 2006年02月04日 14:46
最近人から勧められて「オーラの泉」を見出したのですが、それからどっぷりはまってます。
過去の放送を見たかったのでこのサイトは私にとって大変ありがたい!!です。
ありがとうございました。

Posted by たかこ at 2006年02月06日 15:46
偶然ここを見つけて、大好きなオダギリジョーを発見!昨夜からオーラの泉はビデオにとって見ることにしました。
こんな大変なことしてくださってありがとう!
いま、エネルギー関係に興味あったのでここへこれたのも必然でしょうね

Posted by みずほ at 2006年02月09日 12:37
オーラの泉、本当に見たくてしょうがないのです!でもウチではテレ朝やってなくて、HP見ては見た気になってましたが・・こちらのことを知ってからは毎回読んでいます。大好きなオダギリジョーの回、こんなことになってたなんてっ!一言一句漏らさず起こして下さり、本当に感謝感謝です。とてもありがたいです(T_T)これからも楽しみに、頻繁に来ます!ありがとうございます!
Posted by くーるん at 2006年02月09日 23:37
いつも楽しませていただいてありがとうございます。オダギリジョーさんを「オーラの泉」で恥ずかしながら初めて見て興味をもち、「時効刑事」も観てしまいました。いけてる役者さんだけど、やはりちょっと不健康な感じが。江原さんと美輪さんの言われたことを思いだしました。是非健康になって、(唐突ですが)金田一耕助みたいな役を演じて欲しいです。若手でこういった役が出来るのは、この人しかいないと思います。
Posted by ぱきら at 2006年02月13日 12:39
初めて拝見させていただきました。とっても細かく描写してあって、
本当にTVで見ているような感じで嬉しいです☆
今ロンドンで暮らしていて去年の秋に一時帰国した時にこの番組を知りました。
何ともいえないあの雰囲気に一度見てファンになりました。
こっちで見れないのがとっても残念だったのですが、このHPがあると本当に助かります。
抽象的な表現も多い?この番組を書き起こすのは大変だと思いますが、
ぜひ頑張って続けて下さい。
ちなみに、この番組って日本でも人気あるんですよね?
Posted by ちゃみ at 2006年02月13日 21:19
友人がオーラの泉のDVDを送ってくれて、すっかりファンになりました。が、アメリカに住んでいて、すべての番組は見られません。このサイトはとっても助かります。これからもぜひ続けてください。
ありがとうございました
Posted by Yuko at 2006年02月20日 08:18
いつも書き起こしお疲れ様です。と言っても、今日初めて拝見させていただいたのですが…(笑)。オダギリさんの回、本当に面白く見させていただいて、なのでもう1度見てみたいなと思っていたので、文としてですが、とてもとても細かく書かれていらして、大変良かったです。
Posted by yamada at 2006年02月23日 16:19
この回は見たかったのに寝てしまって見れなくて残念に思っていたのですが、正確にのせて下さっていて本当に気持ちがすっきりしました。
ありがとうございました。
Posted by さえ at 2006年02月25日 23:18
いつも「オーラの泉」を詳しくアップしてくださりありがとうございます。
大変な作業だと思います。

おかげさまで、見忘れたものも実際に番組を見ているかのごとく、映像として頭に浮かべながら読ませていただいています。
憧れの三輪明宏さんの講演会を聞く機会がラッキーにもできて、生まれて初めてオーラらしきものを見ました。
綺麗なラベンダー色のオーラに彼が包まれていて美しかったです。
今だに彼のだけしか見たことありません。
あれは貴重な体験でした。




Posted by ちえ at 2006年02月25日 23:50
Posted by at 2006年03月03日 02:12
Posted by at 2006年03月06日 15:10
友人にオダギリジョー出演の話を聞き、部屋などがあまりに自分に似ているのでとても気になっていたのですが、おかげさまで全部読ませていただきました。たいへんな作業ご苦労様です、ほんとに有り難うございました!
Posted by てる at 2006年03月09日 02:11
オダギリジョーさんの回は見れなかったので、
このホームページ見つけて嬉しくって思わず、プリントアウトしちゃった☆
助かりました!ありがとうございました!!!
Posted by キキ at 2006年03月10日 00:36
オダギリジョーさんの回を見た方から、ラップオンがすごいって聞いていて、ぜひ見てみたいと思っていました。書き起こしていただいたものを読んでいる最中に、なぜかうちでもバチッバチッって。
部屋をきれいにします、私も。ありがとうございました。
Posted by さだえ at 2006年03月16日 00:16
オダギリジョーさんの回を見逃してしまい、悲しがっていました。本日こちらのサイトを知りまして、読ませて頂きました。本当に嬉しいです。映像が目に浮かぶようでした。これからも頑張ってください。ありがとうございました。
Posted by しょう at 2006年03月18日 09:13
書き起こしお疲れ様ですm(__)m
テレビを見ているような感覚で読むことができました。面白かったです、ありがとうございました!また来ますv
Posted by しもと at 2006年04月02日 22:46
観れなかった回見させていただきありがとうございます。大変な作業をして頂き本当にありがとうございます。
こうしてオーラの泉を拝見できることが必然なんですね(^-^*)  幸せです。
(oゝω・o)○*。тнайк чоц。*○   
Posted by KAORIN at 2006年04月03日 16:43
ずっと見たいと思っていてなにげなく検索していたらみつかりとてもうれしかったです。
こと細かくかいていただきほんとうにありがとう
ございました。感謝しています。
Posted by U at 2006年04月03日 19:06
ありがとうございます。
このサイトで番組に出演されてる方の言葉をちゃんと意識して読み取れるのでテレビとは違う新たな見方もでき そして見逃した放送もちゃんと見れるのでとても感謝します。
これからも無理せずに頑張ってください。
Posted by 応援者 at 2006年04月13日 05:15
ありがとうございます。見逃したものが、ずっと気になっていたので、ありがたいです。お礼が言いたくて、思わず書いてしまいました。感謝です。
Posted by 岡田 at 2006年04月15日 07:27
ありがとう
Posted by at 2006年04月15日 21:37
こんにちわ。私が住んでる所もオーラの泉が始まり、この回を見ることが出来ました。
ほんとにパチッと音がしてる(汗
自分の部屋を大切にしようと思いました(笑
その後オダギリさんは「ブードゥ教の館」部屋を改造したのでしょうか?気になります
Posted by sarasa at 2006年04月21日 13:52
konnichiha.
watashi ha ima amerika ni sundeimasu.
o-ra no izumi wo mirukoto ga dekinainode, kono saito ha sugoku tasukarimasu.
kakiokoshi ha taihen dato omoimasuga,
zehi korekara mo tudukete kudasai.
arigatou gozaimasu.
よろしくお願いします。
Posted by Yuki at 2006年04月28日 20:25
オーラの泉は私のお気に入り番組なのですがこのオダギリジョーの回は特に自分的に面白くて印象的でした。
最近ジョニーデップにハマっていてこの剥がせと言われていたポスターが彼のだと知って、この回の事が書かれてるものを探したらこんな素敵なものを発見して☆。またこうして改めて内容を見れて嬉しいです!ありがとうございます!
ポスター剥がしちゃったのかな〜。
Posted by 風花 at 2006年04月29日 19:16
はじめまして。
いつも書き起こしご苦労様です。大変ですよね〜。
でも、本当に読んでいると映像が浮かんできます。
私はいつもオーラを録画してるんですけど、このオダギリさんの回だけ録画し忘れてしまって・・・もし、まだ映像があったらダビングして頂けないでしょうか?VHSでもDVDでもどちらでも構いません。
どうかよろしくお願いします。
お返事お待ちしております。
Posted by ミィ at 2006年05月25日 13:02
いつも楽しみにしています。管理人さま、有難う!!!ただ、私だけかもしれませんが、いつも半分くらいでおわっていて、全文を読んだことがありません。わたしだけ?
Posted by さりゅさりゅ at 2006年08月21日 12:07
とても楽しかったです。
大変な作業、お疲れ様です。

とっても、為になりました。
どうもありがとう。

きっと、あなたにも素敵な事が起こりますね♪
Posted by みつる at 2006年09月26日 18:41
こんにちは。はじめまして。 JOHNNY DEPPの大好きな オダジョウも気になる、takaponともうします。 2007年9月、今日はじめて JOHNNYのポスターのことと、オダジョウが、オーラの泉にでたことを 知り ありがたくも この ブログにて 内容把握でき とても 楽しませてもらいました。

オーラは、何人もみてきましたし、とても魂が喜ぶ番組ですが・・・JOHNNYファンで、 デッドマンというインデアンの映画も 大好きな私としては え〜〜〜〜〜〜〜っ、スカルものもよくないって〜〜〜〜

と、眼からうろこでありんす! これはオダジョウの背後にいた 霊のはなしで JOHNNYには 関係ないと 思っていても なんか ショックです。

でも すごく 興味深い・・・・ 今後も探求してみます。 私は たぶんニューエイジ世代で、精神世界のワークショップなど かじっていたのですが 最近 とても 物質的になり 俗世的現実派になってしまいました。目先しかみえず、 昔の超感覚的世界が 把握できる自分では なくなっています。 いやはや・・

 ま、 いろいろ、 もがいてみます。 ハイ。
Posted by at 2007年09月10日 22:38
 こんにちは。はじめまして。 JOHNNY DEPPの大好きな オダジョウも気になる、takaponともうします。 2007年9月、今日はじめて JOHNNYのポスターのことと、オダジョウが、オーラの泉にでたことを 知り ありがたくも この ブログにて 内容把握でき とても 楽しませてもらいました。

オーラは、何人もみてきましたし、とても魂が喜ぶ番組ですが・・・JOHNNYファンで、 デッドマンというインデアンの映画も 大好きな私としては え〜〜〜〜〜〜〜っ、スカルものもよくないって〜〜〜〜

と、眼からうろこでありんす! これはオダジョウの背後にいた 霊のはなしで JOHNNYには 関係ないと 思っていても なんか ショックです。

でも すごく 興味深い・・・・ 今後も探求してみます。 私は たぶんニューエイジ世代で、精神世界のワークショップなど かじっていたのですが 最近 とても 物質的になり 俗世的現実派になってしまいました。目先しかみえず、 昔の超感覚的世界が 把握できる自分では なくなっています。 いやはや・・

 ま、 いろいろ、 もがいてみます。 ハイ。
Posted by takapon at 2007年09月10日 22:44
海外に住んでいるのでほとんど観られないのですが、先日友人に録画を借りて観た所、「面白い!」とはまりました。佐渡裕さんの回で、何回も観直しました。まだこの1回分しか観たことがないので、このようなサイトはとてもありがたいです。これからも読ませていただきます。疲れない程度に(コンピューターに向かってるのって疲れますよね)がんばってください。
Posted by ちびくるま at 2007年10月21日 21:31
最強の超人気精力薬 中国漢方精力剤、漢方精力剤、媚薬,男根増長素、威哥王、巨人倍増、蟻力神、三便宝...【漢方薬局】通販 販売!,現地中国からの直送精力剤・漢方薬・女性媚薬・ダイエット薬・中絶薬、消費税、代行手数料が無料!注文商品到着100保証!
威哥王:http://www.allkanpo.com/product/weige.html
蟻力神:http://www.allkanpo.com/product/%E8%9F%BB%E5%8A%9B%E7%A5% 9E1.html
三便宝:http://www.allkanpo.com/product/%E4%B8%89%E4%BE%BF%E5%AE% 9D.html最強の超人気精力薬 中国漢方精力剤、漢方精力剤、媚薬,男根増長素、威哥王、巨人倍増、蟻力神、三便宝...【漢方薬局】通販 販売!,現地中国からの直送精力剤・漢方薬・女性媚薬・ダイエット薬・中絶薬、消費税、代行手数料が無料!注文商品到着100保証!
威哥王:http://www.allkanpo.com/product/weige.html
蟻力神:http://www.allkanpo.com/product/%E8%9F%BB%E5%8A%9B%E7%A5% 9E1.html
三便宝:http://www.allkanpo.com/product/%E4%B8%89%E4%BE%BF%E5%AE% 9D.html
Posted by 威哥王 at 2012年01月19日 19:08
新しいWindows プロダクトキー、Windows 7 プロダクトキー、Windows XP プロダクトキー、Windows 7 Ultimate プロダクトキーを取得するなら、myonlinesoft.comのオンランサイトへどうぞ!送料無料です!Windows プロダクトキー、Windows 7 プロダクトキー、Windows XP プロダクトキー情報を掲載しております。新作の通販情報などもお任せ下さい
プロダクトキー 販売:http://myonlinesoft.com/article-14.html
Windows 7 Professional プロダクトキー:http://myonlinesoft.com/goods-22.html
Windows 7 Ultimate プロダクトキー:http://myonlinesoft.com/goods-21.html
Posted by プロダクトキー 販売 at 2012年01月19日 19:11
「よくうごく、キレイ。」のキャッチコピーの通り、現在のアクションフィギュアとしては洗練された可動を実現しつつ、モデルとなるキャラクターのイメージを忠実かつ精密に立体として昇華している。表情、手首、付属品も豊富で、他商品用のパーツが付属することもある。
figma:http://www.cheaptojp.com/category-228-b0.html
figma アイギス:http://www.cheaptojp.com/goods-12974.html
figma ドロッセル:http://www.cheaptojp.com/goods-12972.html
Posted by figma アイギス at 2012年01月19日 19:13
新しいWindows プロダクトキー、Windows 7 プロダクトキー、Windows XP プロダクトキー、Windows 7 Ultimate プロダクトキーを取得するなら、myonlinesoft.comのオンランサイトへどうぞ!送料無料です!Windows プロダクトキー、Windows 7 プロダクトキー、Windows XP プロダクトキー情報を掲載しております。新作の通販情報などもお任せ下さい
Windows 7 Professional プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/goods-22.html
Windows 7 Ultimate プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/goods-21.html
プロダクトキー 販売:http://www.myonlinesoft.com/article-14.html
Windows 7 Ultimate 販売:http://www.myonlinesoft.com/goods-49.html
Windows プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/category-14-b0.html
Windows 7 プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/category-14-b0.html
Windows XP プロダクトキー:http://www.myonlinesoft.com/goods-30.html
Posted by Windows プロダクトキー at 2012年05月15日 16:08
Posted by iPhoneケース at 2012年05月15日 16:17
最強の超人気精力薬 中国漢方精力剤、漢方精力剤、媚薬,男根増長素、威哥王、巨人倍増、蟻力神、三便宝...【漢方薬局】通販 販売!,現地中国からの直送精力剤?漢方薬?女性媚薬?ダイエット薬?中絶薬、消費税、代行手数料が無料!注文商品到着100保証!
威哥王:http://www.allkanpo.com/product/weige.html
ANT KING: http://www.allkanpo.com/product/%E3%82%A2%E3%83%AA%E7%8E%8B%E8%9F%BB%E7%8E%8B,ANTKING.html
新一粒神: http://www.allkanpo.com/product/%E6%96%B0%E4%B8%80%E7%B2%92%E7%A5%9E.html
蔵八宝: http://www.allkanpo.com/product/%E8%94%B5%E5%85%AB%E5%AE%9D.html
Posted by 威哥王 at 2012年05月15日 16:20
windows vista プロダクトキー:http://www.productkeyshop.com/key-59.html
windows xp 購入:http://www.productkeyshop.com/software-2-b0.html
windows xp 販売:http://www.productkeyshop.com/software-2-b0.html



新しいプロダクトキーを購入するならhttp://www.productkeyshop.com/software-14-b0.htmlをお勧めします。オンライン認証または電話認証できます。注文当日にすぐプロダクトキーコードをもらえて、アクチベーションできます。
ご参考になればと思います。
Posted by windows vista プロダクトキー at 2012年11月15日 10:29
windowsソフトの正規品専門店、毎日新品を更新します。新品の説明について弊社のネットをクリックしましょう。
sadfuyg@yahoo.co.jp
http://www.myonlinesoft.com
Windows 7 Ultimate プロダクトキー:www.myonlinesoft.com/goods-24.html
プロダクトキー 販売:www.myonlinesoft.com/article-14.html
Windows プロダクトキー:www.myonlinesoft.com/category-14-b0.html
Windows 7 プロダクトキー:www.myonlinesoft.com/category-14-b0.html
Windows XP プロダクトキー:www.myonlinesoft.com/category-14-b0.html
Posted by Windows プロダクトキー at 2013年05月02日 16:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12427958

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。