2006年12月29日

コメント大募集祭り。

半年ほど休眠させてましたが本業の仕事がかなりヒマになったので、ここ1週間ほどポツポツと過去のものをUpしています。
まぁ、番組内容を文字でおこすというのは本来の著作権的にまずい部分があるので、一応こっそりやってるつもりなのですが(だからブログ名にも番組名入れてません。そのうち、各記事のタイトルからも番組名をはずそうと思ってます)、でも実際問題、この実況作業ってのは結構時間かかるんですね。1時間分の記事を整えるのに、だいたい3〜4回見直すんです、録画を。なので「やろうかなー」と思いながらも、正直、わりとメゲる日が多々あります。
そこで皆さまにお願いです。
いやらしい話なのですが、なにかコメントをここにつけていただけませんでしょうか。やっぱりここまで続けてこれたのは、みなさまからのコメントや拍手があったからです。ホントに。何かしらの反応をいただけると、やらなきゃなーって気になります。
というわけで大変に調子こいたお願いで恐縮ではございますが、皆さまよろしくお願い申し上げます。
posted by 大介 at 00:52| Comment(16) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

2006年1月18日分 ゲスト:上原さくら

(※今回は、途中から録画した状態です)
ナレーション:あなたの大好物はなんですか?
上原:週に5日くらい食べてもまだ…もっと食べたいくらい、パスタが好きです。
国分:ほぉ〜。
ナレーション:想像してください。
上原:はい。
ナレーション:あなたは今怖くて仕方がありません。どんな状況ですか?
上原:ひとりぼっちでいます。
ナレーション:なにか不思議な体験はありますか?
上原:…信じてくれない人が多いんですけれども、ある時目が覚めたら、英語がしゃべれるようになっていました。
国分:ええ!? すげえ!!
ナレーション:ありがとうございました。
上原:ありがとうございました。

国分:さあ、上原さくらさん、どうぞこちらへ。
上原:よろしくお願いします。
続きを読む
posted by 大介 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

2005年12月7日分 ゲスト:中島啓江

国分:さあ、今回もですね、おふたりにとても会いたがっている方が、この番組に来てくれました。
美輪:まあ気の毒に(笑)。
国分:江原:(笑)。
国分:でも、多いじゃないですか。「この番組が好きでした」とか。先ほど僕もちょっとお会いしましたけれども、「喉が渇いてしょうがない」って言ってましたから(笑)。相当緊張なされているんじゃないかなと思いますね。
美輪:それは、江原さんに対してよ。
江原:ええ!?
国分:喉が渇いてるっていうのは、何かやっぱり意味があるんですか?
江原:いや、私も喉渇きますよいつも。収録の時。ですからそれはもう、美輪さんのパワーですよ。
美輪:うんそれはねえ、国分くんの前に行くとねえ、やっぱり緊張するのよ(笑)。
江原:(笑)。
国分:あ、僕原因ですか。
美輪:そうなの(笑)。
国分:なんとなく、うすうすそれも感づいてましたけれども(笑)。
美輪:江原:(笑)。
国分:さあ、そんなゲストの方にですね、メッセージをいただいております。『美輪さんのコンサートに行くといつもエネルギーをもらっている私ですが、今回もどうぞ私に元気を与えてください』と。
美輪:いやいや、私のほうが与えられるくらい。こないだもコンサート来てくださってね。私が大好きな人なの。本物ですよ。
国分:なんとなくなんですけれども…まぁ、あの方も相当霊的なものを、僕は、持ってるのかなと。
美輪:そうでございますか。
国分:はい。もし間違えてたらすぐに言ってください。
美輪:江原:(笑)。

ナレーション:1957年、鹿児島県生まれ
決して豊かではなかったが
母の愛情をたっぷり受けて育った彼女
オペラ歌手・中島啓江
江原:今までの『オーラの泉』とは今日はもう全然違うんですね。
美輪:まるで今までに見たことのないオーラの色よ。
ナレーション:母の臨終の時、たましいに届いた奇跡の歌声
あなたの心に愛を届ける60分続きを読む
posted by 大介 at 03:58| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

2005年11月30日分 ゲスト:中井貴一

国分:さあ、本日のゲストの方はですね、役者の中の役者という方で。
美輪:ホントにそう。なかなか出るタマじゃありませんよ。
国分:そうですよね。なかなかバラエティというか、トーク番組に出ることもないですけれども。どんな印象ですか?
江原:私は依然お目にかかったことがありましてね、なかなかね、表面とは違う面白い部分がありますよ。
国分:そうですか。そんな方からですね、メッセージを頂いております。『今日はどんなことでも素直に受け止めるつもりできました。見えたまま感じたままに、何でもおっしゃってください』ということでございます。
美輪:もう特別にイジメてさしあげましょう(笑)。Aコース、Bコース、Cコースあるけど、Aコースでいきましょうね(笑)。
江原:承知しました(笑)。
国分:あのAコースですね(笑)!

ナレーション:1961年、東京都生まれ
戦後を代表する俳優・佐田啓二を父に持ちながら
芸能界にはまったく関心がなかった彼が
不思議なきっかけで
大学在学中に映画俳優としてデビュー
俳優・中井貴一
中井:自分の人生が2秒くらいで変わったんですよ…
江原:それが実は、超能力者である所以の部分であって…
役を引き寄せる超能力とは?
そして、初めて明かす父のエピソード
続きを読む
posted by 大介 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。